家長昭博の出身高校

家長昭博 プロサッカー選手

家長 昭博(いえなが あきひろ、1986年6月13日 - )は、京都府長岡京市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・大宮アルディージャ所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。元日本代表。

地元長岡京市の長岡京サッカースポーツ少年団からガンバ大阪ジュニアユースに入団。ガンバ大阪ユースチームではエースとして活躍し、高校2年時にトップ昇格、高校3年時には完全にユースを卒業し、2004年7月にガンバ大阪とプロ契約を結ぶ。同年6月26日のアルビレックス新潟戦でJリーグ史上初となる2種登録選手によるデビュー戦初得点を挙げた。

当時のオシム日本代表監督からA代表に選ばれるほどの才能を持ちながらも、G大阪では遠藤保仁や二川孝広らの牙城を崩せずなかなか定位置をつかめずにいた。2008年に出場機会を求めて大分トリニータへ期限付き移籍したが、2008年2月、実戦形式の練習中、右膝前十字靭帯損傷により全治6ヶ月の重傷を負った。同年12月、入団テストを兼ねてイングランド・フットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部リーグ)のプリマス・アーガイルFCの練習に約2週間参加。クラブ首脳陣から高い評価を受け獲得を検討されたが、翌2009年1月に労働許可証取得の申請が却下され、プリマスへの移籍は消滅 したので、大分へのレンタル期間を1年間延長した。

怪我が癒えた2009年シーズンも序盤はサブメンバーであったが、相次ぐ主力の怪我によりスタメンでの試合出場機会が多くなった。ランコ・ポポヴィッチ監督就任以降は、それまでのレギュラーであった鈴木慎吾に代わり左WBとして、その後高橋大輔が左WBとなると、ボランチとしてレギュラー起用された。

2010年1月8日、セレッソ大阪へ期限付き移籍し、自身最多となるリーグ31試合出場、4得点、10アシスト で、C大阪のACL出場権獲得に貢献した。

2010年12月16日、G大阪からリーガエスパニョーラのRCDマヨルカへの完全移籍が発表された。2015年までの複数年契約で、マヨルカとの契約解除に必要な違約金として、1800万ユーロ(約20億円)に設定された。

入団からおよそ1カ月ほど、ヨーロッパ外国籍の選手保有制限により登録されなかったが、冬の移籍期間中に放出したブラジル人DFラチーニョに代わり、2011年2月1日に登録名「AKI」で登録された。5日、第22節CAオサスナ戦でトップ下で出場しリーガエスパニョーラデビューを飾り、3月13日のレバンテUD戦でトップ下として移籍後初先発を果たす。4月9日のセビージャFC戦でリーガ初得点を決めた。4月24日のヘタフェ戦では移籍後2得点目となるヘディングシュートを決めた。6月のキリンカップでは、G大阪時代の2007年以来、約4年ぶりの代表復帰を果たした。しかし、2011-12シーズンはホアキン・カパロス監督の構想外となり、前半戦のリーグ戦出場はわずか4試合にとどまった。

2012年2月、出場機会を求めKリーグ・蔚山現代FCへ1年間の期限付き移籍。登録名は引き続き「아키」(アキ)となった。しかし、蔚山ではあまり出場機会を得られなかった。

2012年7月30日、古巣のG大阪へ期限付き移籍。加入当初は、途中出場がほとんどであったが、シーズン終盤はスタメン起用され途中加入ながらG大阪在籍シーズンでは最多の得点を記録した。

2013年、G大阪がJ2に降格し、複数のJ1クラブからオファーが届いたがG大阪と契約を延長した。2013年6月、期限付き移籍満了により退団した。

2013年7月、約1年半ぶりにマヨルカに復帰した。

2014年1月、大宮アルディージャへ完全移籍。J1序盤戦はゴールを量産し、シーズン中盤以降はゲームキャプテンを任されるなど移籍1年目にして存在感を見せたが、それと反比例するようにチームは降格圏に低迷。終盤も低調なチームの中で気を吐いたが状況は変わらず。チームはJ2へ降格することとなった。シーズン終了後、ヴィッセル神戸や古巣のG大阪などが獲得に動いたが大宮と契約を延長した。

2015年はガンバ所属の2013年以来2年ぶりにJ2の舞台で戦うこととなったが、攻守の要としてチーム2位の12得点を挙げた。 第29節のアウェイ愛媛戦においてスポンサー看板を蹴ったことで2試合の出場停止を受けたこともあったが、勝利で自力優勝が決まるホーム最終戦の第41節大分戦では、0-2のビハインドから後半にドラガン・ムルジャの2得点、並びに本人のPKにより逆転し、クラブ初となるJ2優勝のタイトル獲得に大きく貢献した。

ガンバ大阪ユースの出身で、若くから期待を寄せられ天才の名を欲しいままにしていた。ユースチーム在籍中にトップ昇格を果たしている。ユース在籍中の昇格は稲本潤一、新井場徹に次いでクラブ史上3人目。

本田圭佑、東口順昭とはG大阪ジュニアユース時代の同期。本田とは小学校時代に対戦し、一緒にプレーしたいと思ったことがG大阪ジュニアユース入りを選んだ理由と話している。2人は共に攻撃的なポジションの選手であり、生年月日と利き足が同じである。1年後輩に当たる安田理大のブログによれば、G大阪ジュニアユース時代の家長と本田はよく喧嘩をしていたとのこと。

家族構成は妻と長男、次男。猫のジェンバ・ジェンバ。

その他の公式戦

家長昭博の出身高校

家長昭博出身高校
金光大阪高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
463位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1986年6月13日生まれ

家長昭博の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング