宮澤博行の出身高校

宮澤博行 議員

宮澤 博行(みやざわ ひろゆき、1975年1月10日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(2期)。報道等においては宮沢 博行、選挙運動等においては宮沢 ひろゆきと表記されることもある。

静岡県磐田市議会議員(3期)、静岡県磐田市議会総務委員長、自民党静岡県連青年部長などを歴任した。衆議院では原子力問題調査特別委員会理事、国土交通委員会・法務委員会各委員に、自由民主党では政務調査会経済産業部会・国防部会各副部会長、運輸・交通関係団体委員会副委員長、国家戦略本部主査、青年局次長(国際部長を経て地方部長)に就任している。

静岡県磐田郡龍山村(のちの静岡県浜松市)にて生まれた。龍山村立龍山北小学校(のちの浜松市立横山小学校)、龍山村立龍山中学校(のちの浜松市立光が丘中学校)、静岡県立磐田南高等学校を経て、東京大学に進学し、1997年、同大学の法学部を卒業した。その後は、レストランの厨房、貿易会社の営業、塾講師、工場の派遣社員等、多様な職種を経験した。

2003年の磐田市議会議員選挙に立候補し、初当選を果たした。以降は連続3期務めたが、2012年2月に磐田市議会議員を辞職した。同年12月の第46回衆議院議員総選挙にて静岡県第3区に自由民主党から出馬、民主党前職の小山展弘らを破り初当選を果たした。同年12月18日に当選が告示された。当選後は、自民党の頭髪の薄い新人議員を集めて「日本を明るくする会」を結成し、幹事長に就任した。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙でも、静岡県第3区から立候補した。民主党・維新の党との連携・一本化候補として擁立された元職の小山を破り再選を果たしたが、小山も比例復活を果たした。同年12月16日に当選が告示された。

自民党所属議員による「文化芸術懇話会」の結成に参画し、参加議員による言論統制発言が飛び出した2015年6月25日の会合にも出席した。なお、同年5月21日には、衆議院「我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会」の委員に選任されている。

宮澤博行の出身高校

宮澤博行出身高校
磐田南高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
議員ランキング
382位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1975年1月10日生まれ

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


議員一覧

議員偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング