宮本輝紀の出身高校

宮本輝紀出身高校
清水東高校 偏差値
静岡県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
120位/815人中(プロサッカー選手)
性別
男性
生年月日
1940年12月26日生まれ
プロサッカー選手別偏差値ランキングを見る

宮本 輝紀(みやもと てるき、1940年12月26日 - 2000年2月2日)は、広島県広島市出身の元サッカー日本代表選手。攻撃的ミッドフィールダー(MF)としてメキシコオリンピック銅メダル獲得に貢献した。日本最初の司令塔(ゲームメーカー)と呼ばれる名選手である。1945年8月、4歳の時原爆で一緒に遊んでいた弟を亡くす。サッカーの強豪だった広島高等師範学校 広島高等師範(現広島大学)の大学生にサッカーを教わった。中学で野球部からサッカー部に移り、広島山陽高校時代は2、3年と国民体育大会 国体で準優勝した。特に1958年の杉山隆一のいた静岡県立藤枝東高等学校 静岡県立藤枝東高校との雨中の死闘は有名。翌年、1959年の第1回アジアユース大会でも高校選抜に選ばれアジア3位にも貢献した。広島高師出身で東福岡高等学校 東福岡高コーチでも知られる名将寺西忠成の目にとまり八幡製鉄サッカー部(後の新日本製鐵八幡)に入団した。八幡製鉄でもエースとして活躍。1965年から始まった日本サッカーリーグ(JFL)では宮本をマークしてどう抑えるかが、対戦相手のテーマだった。初年度から二年連続2位だったが、通算139試合に出場。1964年度の天皇杯全日本サッカー選手権大会 天皇杯優勝に導いた。また1967年度の年間最優秀選手にも選ばれ、1970年にはアシスト王に輝いた。

宮本輝紀の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


宮本輝紀の関連著書

プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング