宮本洋二郎の出身高校

宮本洋二郎 プロ野球選手

宮本 洋二郎(みやもと ようじろう、1942年4月3日 - )は、兵庫県尼崎市出身のプロ野球選手(投手)、スカウト。

スライダー、カーブ、シュートなど多彩な変化球を持つ。親類を頼り進学した米子東高校では3年次の1960年、岡本利之監督に率いられ、主戦投手として選抜に出場。山陰勢初の甲子園決勝進出を果たす。決勝では高松商と対戦。同点の9回裏、山口富士雄に左翼ラッキーゾーンに飛び込むサヨナラ本塁打を浴び1-2xで惜敗、準優勝に終わる。尚、同大会のベストナインに、チームメイトの松本勝彦三塁手と共に選ばれた。中国地方に敵なしの快進撃で春季中国大会も優勝。夏の東中国大会決勝で倉敷工を降し、夏の甲子園にも出場するが、2回戦で徳島商に完敗した。秋の熊本国体では決勝に進出、北海高校の佐藤進投手と投げ合うが0-3で敗れ、またも準優勝に終わった。高校時代にバッテリーを組んだのは清水賢。

卒業後はチームメイトの直江輝昭(のち住友金属)とともに早稲田大学に進学。東京六大学リーグでは1年の春季リーグから登板、その後も主戦として活躍した。当時の早稲田で1年生が春季リーグから投げることは、ひじょうに異例なことであった。交通事故で再起不能と言われた時期もあったが、快復して神宮を沸かせた。石井藤吉郎に監督が変わった1964年春季リーグでは、在学中唯一の優勝を経験している。同年の全日本大学野球選手権大会では決勝で駒大に敗れ準優勝。リーグ通算61試合登板、17勝18敗、防御率2.31、144奪三振。大学同期には江尻亮投手、石山建一二塁手がいた。

川上哲治監督の説得で巨人に入団するものの、2年間で2勝に終わり、1966年オフ、森永勝也と交換で広島へトレードされた。 ここで素質が開花。1967年の奇跡の10連勝のうち4勝を挙げたのをはじめ、特に古巣・巨人を苦しめた。

1974年に南海へ移籍、成績自体は悪くなかったが、この年限りで引退した。

翌1975年から81年まで南海で投手コーチ、82年から古巣・広島に復帰し、スコアラー、スカウトを務めた後、88年から92年までコーチ、93年から再びスカウトを務めており、関西地区を担当、前田健太などを獲得した。現在でもたまにスポーツ紙にコメントが掲載されている。 2013年2月12日に2月末で広島を退職することが明らかになった。

宮本洋二郎の出身高校

宮本洋二郎出身高校
高松商業高校 偏差値 香川県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1022位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1942年4月3日生まれ

宮本洋二郎の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング