宮崎敏郎の出身高校

宮崎敏郎 プロ野球選手

宮﨑 敏郎(みやざき としろう、1988年12月12日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属する佐賀県唐津市出身のプロ野球選手(内野手)。

佐賀県立厳木高等学校への在学中には、1年生の春から投手でベンチ登録。2年生の夏から「4番・投手」を務めるとともに、公式戦で通算24本塁打を放ったが、春夏を通じて全国大会と縁が無かった。

日本文理大学への進学後には、1年生の秋から三塁手のレギュラーに定着。九州大学野球のリーグ戦では、2度の首位打者、3度のMVP、ベストナインを獲得した。また、2年生から2年続けて全日本大学野球選手権に出場。3年生の時には、5番打者として、チームのベスト8進出に貢献した。さらに、4年生の時には主将も務めている。

大学卒業後の2011年にセガサミーへ入社。同社の硬式野球部では、打線で1番や3番を任されるとともに、2年目にはチーム事情から二塁を守った。2012年に東京第3代表として出場した第83回都市対抗野球大会では、初戦の日本通運戦において、8回裏に長嶋茂雄が見守る前で逆転満塁本塁打。チームに3年振りの勝利をもたらすとともに、勝負強さを印象付けた。

2012年のドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから6巡目で指名を受けて入団した。背番号は51。ちなみに、セガサミーのチームメイトである外野手の赤堀大智も、横浜DeNAからの4巡目指名で入団している。

「豆タンク」と称される小柄な体型(横浜DeNAでの身長は公称で172cm)ながら、打席では左足を上げてからのフルスイングで、右方向を中心に広い角度にわたって長打力を発揮。セガサミー時代の2年間に3番を任されたのも、「放っておけばずっと打撃練習(に明け暮れていたこと)」に加えて、「スイングが速く、(打席で)我慢できる分だけ、投球を捉える能力が高かった」からという。

その一方で、50m走6秒台前半の俊足と、遠投100mの強肩の持ち主でもある。DeNA入団後の2013年には、5月20日にオリックス・バファローズ戦での代走で一軍デビュー。その後の公式戦では、11試合で三塁、4試合で二塁を守った(いずれも無失策)。しかし2014年には、二塁手として出場していた4月26日の阪神戦の9回表無死1塁で、大和の投前犠打を捕球した山口俊からの送球を一塁で見逃したことによって一軍初失策を記録。一軍登録からわずか2日で登録を抹消された。

宮崎敏郎の出身高校

宮崎敏郎出身高校
厳木高校 偏差値 佐賀県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
4263位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1988年12月12日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング