宇賀神友弥の出身高校

宇賀神友弥

宇賀神友弥 プロサッカー選手

宇賀神 友弥(うがじん ともや、1988年(昭和63年)3月23日 - )は、埼玉県戸田市出身のサッカー選手。ポジションは左サイドハーフ、左サイドバック。Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ所属。

中学・高校年代ではジュニアユース・ユースと浦和レッズの下部組織に所属。同期には堤俊輔、西澤代志也、小池純輝らがいた。トップ昇格を果たせず、流通経済大学に進学。 流通経済大学サッカー部でも当初はRKU-19、20、21、22 (サテライトチーム)からのスタートでクラブ・ドラゴンズ (社会人チーム)流通経済大学FC(社会人チーム) を経てトップチーム (学生リーグ用) に昇格した。

2009年シーズン途中に流通経済大学に在籍しながら、特別指定選手として浦和にトップチーム登録された。

その後、アビスパ福岡からのオファーもあったが、2009年10月21日、2010年シーズンより正式に浦和に加入する事が発表された。ユース→大学→トップチームという経歴の選手は、浦和では宇賀神が初となる。

2010年、キャンプや練習試合で左サイドバックとして質の高いプレーを披露し、2月20日に行われたプレシーズンマッチ、対徳島戦では柏木陽介、ロブソン・ポンテが欠場したことにより左サイドハーフとして先発出場した。この試合では序盤から積極的なプレーで攻撃陣を牽引し、後半には鋭い突破から精度の高いクロスを上げエスクデロ・セルヒオのゴールをアシストした。そして3月6日、J1第1節、対鹿島戦で左サイドバックとして先発出場。これがプロでの公式戦デビューとなった。その後はサヌと左サイドバックのポジションを争う中でJ1第15節の対京都戦で途中出場し、J1初得点を記録。J1第18節、対名古屋戦では一時は同点となる鮮やかなミドルシュートを決めるなど、守備的なポジションでありながらも左サイドの攻撃の起点として活躍。終盤は故障での離脱を繰り返すこともあったが、最終的に公式戦32試合に出場し、3得点を記録した。

2011年は背番号を3番に変更し、開幕当初は左サイドバックのレギュラーとして定着していたが、不安定なプレーに終始しJ1第15節、対広島戦から平川忠亮にポジションを奪われてしまった。その後も故障や体調不良に悩まされ、前年から大きく出場機会を減らすこととなった。

2012年は、ベンチスタートが多いものの途中出場ではコンスタントに出場。また、左ウィングバックの梅崎司が2シャドーに入る試合は左ウイングバックでスタメン出場している。

2015年からは橋本和の加入で右ウイングバックにコンバートを予想されたが、橋本とのポジション争いに競り勝ちスタメン出場してるが、右ウイングバックでも出場している。

その他公式戦

宇賀神友弥の出身高校

宇賀神友弥出身高校
いずみ高校 偏差値 埼玉県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
740位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1988年(昭和63年)3月23日生まれ

宇賀神友弥の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング