奥江英幸の出身高校

奥江英幸

奥江英幸 プロ野球選手

奥江 英幸(おくえ ひでゆき、1950年8月11日 - )は、岡山県岡山市出身の元プロ野球選手(投手)。

岡山東商では、エース、四番打者として1968年の全国高等学校野球選手権岡山大会決勝に進出するが、倉敷工に敗退。卒業後日本石油に入社。1970年、1971年の都市対抗でいずれも準々決勝に進出。1971年11月にドラフト2位指名で大洋ホエールズへ入団。

ホエールズでは、先発ローテーションの一角として活躍し、3年目の1974年に6勝を挙げた。1976年には11勝を記録し、オールスターゲームの出場メンバーにも選ばれた。その後1977年暮れに、渡辺秀武と共に田中由郎との交換トレードで、ロッテオリオンズへ移籍。オリオンズでも先発投手として活躍を続け、1979年に9勝し、翌年には自己最多の13勝を挙げた。以降は成績が振るわず、0勝に終わった1982年を最後に引退した。

右スリークォーターから、ストレート、内角をよぎるキレのあるシュート、タイミングが合わせづらいカーブ、決め球はスライダー。一発を打たれるとカッとなるクセがある。インコースを強気に攻めるピッチングを身上としている。

奥江英幸の出身高校

奥江英幸出身高校
岡山東商業高校 偏差値 岡山県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2904位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1950年8月11日生まれ

奥江英幸の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング