太田吉彰の出身高校

太田吉彰

太田吉彰 プロサッカー選手

太田 吉彰(おおた よしあき、1983年6月11日 - )は、静岡県浜北市(現浜松市浜北区)出身のサッカー選手。ポジションはMF。2015年よりJリーグ・ジュビロ磐田に所属。

実兄はサッカー選手の太田圭輔。

静岡選抜で太田と一緒にプレーした経験がある長谷部誠らが証言しているように、元々はトップ下の選手だった。しかし磐田ユースに加入後、トップ下では自分に将来がないと感じ、ずっと目標としてきた兄・圭輔と同じようなサイドアタッカーに転身することを決断。当時はスタミナもそこそこ、足も特に速いわけではなかったが、トレーニングで自身の肉体を変貌させ、高校3年時には今のようなプレースタイルの選手になり、FWやサイドハーフでプレーして得点を量産。本人も予想もしていなかった(3年までポジションを取れなかったため)トップチーム昇格を果たす。

クロスの精度や守備力に難があったが、ひたむきに練習を重ねて磐田の世代交代の波に乗りトップデビューを果たすと、初先発の試合でいきなりゴールを決めるなどして一気にレギュラー格に定着。2005年シーズンはMF陣最多得点をあげ、2006年はアジウソン体制で完全に攻撃の中心として位置付けられ、2007年からは再びFWもこなすようになるなど、当時の磐田を支えた選手の1人であった。2008年シーズンは右サイドの駒野友一の移籍加入と、4月に練習試合で前十字靭帯断裂の怪我を負ったためシーズンの大半を棒に振っている。

2009年、開幕からスタメン出場だったが不調で、イ・グノの加入によりサイドハーフに回ったジウシーニョなどにレギュラーを奪われた。その後、海外挑戦するため、7月に磐田を退団したが獲得クラブは現れず、年内いっぱいは無所属となったが、2010年にベガルタ仙台へ完全移籍加入。

加入初年度こそチャンスに恵まれなかったものの、2011年は途中退団したマルキーニョスに代わってFW起用される。東日本大震災後、J再開川崎戦にて、両足が激しく攣った状態でゴールを挙げ、その直後に負傷交代した。このゴールは「やべっちF.C.」にて名波浩により「魂のゴール」と評されている。2012年は本職のサイドハーフとしてプレーし、MF梁の負傷により開幕から先発。梁が復帰すると今度はMF関口に代わって引き続き先発。関口の復帰後も先発を明け渡すことなく、フィールドプレーヤーで唯一のリーグ戦全試合出場を果たした。2013年、2014年もリーグ戦全試合に出場。

2015年1月7日、約6年ぶりにジュビロ磐田へ完全移籍で復帰することが発表された。背番号は、かつて中山雅史が付けていた9番。開幕戦となったギラヴァンツ北九州戦では、ジェイのゴールをアシストした。

太田吉彰の出身高校

太田吉彰出身高校
興誠高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
608位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1983年6月11日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング