太田勝洪の出身高校

太田勝洪

太田勝洪 学者

太田 勝洪(おおた かつひろ、1935年4月28日 - 2004年3月27日)は日本の歴史学者、国際政治学者。元法政大学教授。専門は中国史、国際政治学。

1935年に東京都で生まれる。東京都立大学附属高等学校を卒業後、東京大学文学部東洋史学科へ入学した。その後、同大学院国際関係論専門課程博士課程を修了する。1965年に国立国会図書館の調査及び立法考査局外務課へ勤め、現代中国に関する研究を行う。1973年に法政大学法学部政治学科助教授となり、1978年に教授に昇格する。1993~98年に中国研究所理事長として活動した。また、大連外語学院訪問教授、東京女子大学非常勤講師などを務めたほか、逝去時まで日本現代中国学会理事であった。国際政治学会、アジア政経学会会員でもあった。

2004年にガンで教授在職中に逝去したが、故人の遺志を汲んだ遺族により中国研究所に多額の基金が寄贈された。これにより「太田勝洪記念中国学術研究賞」(略称、太田賞)が2005年に創設された。同賞は、年一回『中国研究月報』『中国年鑑』(中国研究所)『現代中国』(日本現代中国学会)掲載論文の中から最も優れたものを選び顕彰するものである。

太田勝洪の出身高校

太田勝洪出身高校
東京都立大学附属高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
学者ランキング
674位 / 1026人中 学者別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1935年4月28日生まれ

太田勝洪の関連人物

学者偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


太田勝洪の関連著書

学者一覧

学者偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング