天保義夫の出身高校

天保義夫 プロ野球選手

天保 義夫(てんぽ よしお、1924年4月25日 - 1999年12月30日)は、福岡県出身のプロ野球選手(投手)。

豊国商業から1942年に阪急へ入団。1943年5月2日の対南海戦でノーヒットノーランを記録。戦時中の工場での勤労奉仕で右手中指の先端を欠損し、球界復帰は絶望と思われたが、海外の情報が乏しい中でナックルボールの習得を決意し、皮膚をぬいあわせた中指からの出血で、球を当て続けた自宅の布団が赤く染まるほどに練習し、ナックルボールとともに球界復帰を果たす。1946年から5年連続2桁勝利。1949年には24勝を挙げたが、このうち7勝を巨人から挙げ、巨人キラーとして名を馳せた。

ナックルボールが武器だったため「忍者投法」といわれ、技巧派の印象があるが、小柄ながら後の野茂英雄を思わせるダイナミックな投球フォームも特徴だった。

1957年を最後に引退。その後、1986年まで阪急のコーチを務めた。

永井正義著の「人物阪急球団史」では「阪急の球団史を語る上において、最も阪急を愛し、最も阪急のために尽くし、最もその功績を讃えられるべき人」と書かれている。

1999年12月30日に肺気腫のため死去。

天保義夫の出身高校

天保義夫出身高校
豊国学園高校 偏差値 福岡県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
4205位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1924年4月25日生まれ

天保義夫の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング