大部由美の出身高校

大部由美 サッカー選手

大部由美出身高校
八千代松陰高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
221位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1975年2月15日生まれ

大部 由美(おおべ ゆみ、1975年2月15日 - )は、日本の元女子サッカー選手で現在はサッカー指導者。鳥取県境港市出身。八千代松陰高等学校卒業。身長167cm。現役時代のポジションはディフェンダー。

小学生のころ、姉の影響で渡スポーツ少年団で競技を始め、境第三中学校時代にはクラブチームの米子コスモスでプレー。中学卒業後、日本女子サッカーリーグ(JLSL→L・リーグ)に参入した日興證券ドリームレディースへ入団し、ヤングプレーヤー賞(新人賞)を獲得した。日興證券廃部に伴い埼玉県にうつり、沖電気女子サッカー部であるOKI FC Windsに入団したが1999年度シーズン終了後に廃部となり退団。翌2000年、宮城県三本木町(現大崎市)所在のYKK AP東北フラッパーズ (YKK東北女子サッカー部) に移籍した。

女子代表では3バックのディフェンスラインにおけるセンターバックをつとめ、また主将としてチームをまとめた。2004年アテネオリンピックのアジア地区予選から、代表チームはディフェンダーを4人(4バック)に変更したため試合に出る機会を失っていった。

2005年、YKK東北フラッパーズが東京電力に移管され、所属チーム名が東京電力女子サッカー部マリーゼに変更されたのにともない、YKK東北を退職して東京電力に入社した。翌2006年にチームはディビジョン1最下位となり、同年11月17日に木村孝洋が監督を辞任したため、12月に行われた第28回全日本女子サッカー選手権大会で選手兼任監督となった。大会終了後、同サッカー部退団および現役引退が発表された。

引退後、郷里である境港市に戻り、渡児童クラブで指導員ととなった。また、2007年4月から2008年3月まではJFAアンバサダーとして普及活動に当たり、2008年7月には15歳以下の女子選手を集めた「なでしこチャレンジプロジェクト」のコーチとして、日本代表でのチームメートだった高倉麻子監督と共に参加した。また、JFA女子担当ナショナルトレセンコーチに就任し、主として中国地方の選手の指導を担当することとなった。2012年より、ガイナーレ鳥取U-15のコーチを務める。

1991年、中華人民共和国で開催されたFIFA女子世界選手権に出場する代表チームに選出されて出場して以降、FIFA女子ワールドカップには第4回大会まで連続して出場した。またオリンピックにはアトランタ・アテネの2度出場している。

アジアの大会ではタイ王国バンコクにて開催された第13回および大韓民国釜山広域市で開催された第14回アジア競技大会に出場した他、AFC女子選手権にも出場した。日本代表に招集された2004年までの間に通算85試合に出場して6得点を挙げた。

大部由美の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

サッカー選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング