大嶺翔太の出身高校

大嶺翔太

大嶺翔太 プロ野球選手

大嶺 翔太(おおみね しょうた、1991年9月17日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(内野手)。

同球団に所属する投手の大嶺祐太は実兄。入団1年目の2010年から2013年までの登録名は翔太だった。

石垣島生まれ。小学校2年生時から野球を始める。ポジションはショートなど内野が多かったが、小学校6年生からピッチャーを兼任した。中学時代は軟式野球部に所属し主にショート、ピッチャーとしても中学校3年生時には140キロに到達。兄の祐太にあこがれて県立八重山商工高校に入学。八重山商工では強肩を買われ1年夏には捕手でレギュラー。その後投手、遊撃手などを兼任。3年夏は1番に入り三塁手兼投手として活躍、準決勝で興南高校に3年連続で敗戦となった。

2009年プロ野球ドラフト会議で、兄・祐太のいる千葉ロッテマリーンズから3巡目で指名。11月15日に契約金4000万円・年俸600万円(いずれも推定金額)で仮契約を結んだ。

しかし、2009年12月4日に、地元・石垣市内の居酒屋で同級生と飲酒および喫煙に至ったところを沖縄県警察本部八重山警察署に補導。八重山商工高校も、補導された学生全員に対して、同月11日から2週間の停学処分を課した。このため、ロッテ球団では翔太を入団会見に同席させない一方で、今後の指導の徹底を発表。入団の内定は、2010年1月17日にまでずれ込んだ。

2010年1月22日にロッテと正式に契約を締結。同日開催の入団会見では、翔太自身が前述の不祥事を謝罪するとともに、登録名を翔太にすることが発表された。なお、この不祥事に対するペナルティーとして、入団初年度の年俸を当初の仮契約から50万円減額。祐太も、自身のブログで謝罪のコメントを出した。

入団1年目の2010年から、イースタンリーグの公式戦でチーム最多の90試合に出場。「9番・サード」に定着するとともに、打率.260、本塁打3、打点17という記録を残した。また、台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表に選ばれた。

しかし、入団4年目の2013年までは、一軍公式戦への出場機会がなかった。このため、「原点に返るために何かを変えよう」という理由で、2014年に登録名を本名の大嶺翔太に変更。同年1月22日には、前年8月16日に一般人の女性と結婚したことや、既に第1子がいることを公表した。7月に一軍昇格すると、8月7日の対楽天戦でプロ初安打を本塁打で飾った。同月14日の対北海道日本ハムファイターズ戦では祐太と共に兄弟での同時出場を果たす。10月のファーム日本選手権においては猛打賞の活躍でMVPを獲得した。

2015年はキャンプ、オープン戦で好調を維持し、自身初めて開幕一軍入りを勝ち取る。6月には「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」の、NPB選抜に選出。29日の壮行試合に1番二塁手で先発出場して3安打を放つなど活躍し、プロ一軍経験者の貫禄を示した。

大嶺翔太の出身高校

大嶺翔太出身高校
八重山商工高校 偏差値 沖縄県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
4263位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1991年9月17日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング