大島直也の出身高校

大島直也出身高校
金沢総合高校 偏差値
神奈川県高校偏差値ランキング
お笑い芸人ランキング
240位/405人中(お笑い芸人)
性別
男性
生年月日
1971年6月6日生まれ
お笑い芸人別偏差値ランキングを見る

大島 直也(おおしま なおや、1971年6月6日 - )は神奈川県横浜市出身のタレント、実業家である。元ドロンズ。元お笑い芸人。左利き。所属事務所は、オフィスパイルバンカー(個人事務所)

小学生の時、ザ・ドリフターズの影響を受けて、クラスの仲間を集めてお楽しみ会等でコントを披露するようになる。高学年になると『スネークマンショー』に強い刺激を受けてコメディアンになる事を決意。友人と『シック・ツー・マンショー』を結成して、音声だけのコントを作成。

書道教室の帰り、坂の下にある交差点を猛スピードを出した自転車で突っ切ろうとした時に、横から来た車と衝突。幸いにも軽傷で済んだ。

栄養士で料理好きな母の下、食いしん坊に育つ。両親が共働きだったこともあり、週末は母も家事を休んで外食を楽しむ家庭であった。行きつけの店の中には本格的なフレンチやイタリアンなどもあり、幼い頃から舌を鍛えられたという。自称グルメ。

中学生の時にシティーボーイズ・竹中直人の影響を受けて、芝居路線のお笑いが好きになる。

1990年3月、神奈川県立東金沢高等学校(現神奈川県立金沢総合高等学校)卒業。役者になる事を目指し、日本大学芸術学部映画コースを第一志望としていたが2浪の末、断念(現役・浪人時代合わせて約60校受験するも勉強嫌いの為、惨敗だったという)。

1992年4月、日本映画学校俳優科に入学。

普通自動車運転免許取得後3度目の運転で、飛び出してきた猫を避けようとして事故を起こす。親から借りた車は大破したが、大島は奇跡的にも全くの無傷だったという。

映画学校2年生時に“お笑い”の授業があり、クラスメイトと組んでコントを披露した。その際に周囲からの反応も良く、手ごたえ感じた。

在学中に大島は友人とイベント団体『GHOST COMPANY』を結成。様々なジャンルで活動をしている若手のパフォーマーを集めてライブを企画・開催している(その中で、大島は『ジェリーフィッシュマンズ』というコンビを組み、コントを披露)。

卒業間近(俳優科は2年制)になり、卒業後の進路を考える時期になったが俳優としてデビュー出来る見込みは殆どなかった。また、たとえデビュー出来たとしても無名のままでは仕事の依頼がくるとは思えないと懸念してこともあり、まずは、お笑い芸人として有名になってその後俳優業に移行しようと決意する。

卒業を前に本格的にお笑い芸人を目指す事を決意。在学中に知り合った古坂大魔王(以前、古坂の所属していた底ぬけAIR-LINEの3人は日本映画学校に在学していた)の紹介で石本武士と知り合う。

1994年10月『大島・石本』のコンビ名で「ラ・ママ新人コント大会」に出演。好感触であったが、大島の卒業公演が控えていたこともあり、本格的にお笑い活動を行うのは翌年3月以降とすることにした。

1995年3月日本映画学校俳優科(7期生)卒業。

1995年6月、正式に石本武士とお笑いコンビ「DRUG」のちに「D.R.U.G」結成。「DRUG」名義で改めて「ラ・ママ新人コント大会」に出演、これを機にお笑い芸人として活動を始める。

同年10月、マセキ芸能社所属となる。

1996年3月、事務所からは何も趣旨を知らされぬまま『進め!電波少年』の面接(オーディション)を受ける。最終選考5組に残るが落選。後に猿岩石の「ユーラシア大陸ヒッチハイク旅」の面接だった事を知り複雑な心境になる。

1996年4月、電波少年と同じ土屋敏男プロデューサーの番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の前説を始める。同時期、若手お笑い芸人を追うという内容のNHKドキュメント『にっぽん点描』の4ヶ月間に及ぶ密着取材を受ける。

1996年6月、『進め!電波少年』の前説も任される。土屋によると、2人の前説の様子を見て、この2人なら猿岩石とはまた違う旅をしてくれそうだと思い、次のヒッチハイクの企画に起用しようと画策。この頃、電波少年の準備とは知らず、今後の為に『D.R.U.G』と言うコンビ名は麻薬などを連想させることもあり、イメージが良くないので変更するようアドバイスをされる。いくつか改名案が出されたが難航したため、痺れを切らしたチーフマネージャーから「この世にないオリジナルの言葉で考えろ」と課題を出され、前のコンビ名の音を一音残し『ドロンズ』に改名。

改名してすぐの10月末『進め!電波少年』「南北アメリカ縦断ヒッチハイクの旅」に出発。放送後、一躍名を馳せる。

1997年6月エクアドルにて26歳を迎える。同年12月31日ゴール、年明け帰国で凱旋ライブ。初舞台の場所ラ・ママで24時間ライブを決行。しかし、再び1998年3月お礼参りの旅の後、雷波少年の旅が始まる。当初は日本における様々な社会問題等のお題を与えられ、ヒッチハイクをしながら取材、それを元にコントを作って路上ライブを行い、上がりで1週間生活するというものだった。

同年5月から「ドロンズのドンキホーテ!日本を行く!」に企画変更。2歳のロバ「ロシナンテ」を連れて北海道の宗谷岬を出発し、ゴールは鹿児島県の佐多岬までとする日本列島を縦断する旅が始まった。27歳の誕生日は津軽海峡上だった。9月に鹿児島県最南端の佐多岬でゴールを果たした。

以降、多くのバラエティ番組に出演。

2003年3月、俳優になるのが兼ねてからの夢だった大島は相方の石本に相談、話し合いの結果ドロンズを解散することになった。心機一転し、俳優業に転身したものの思惑は外れ、すぐには軌道に乗らず、芸人時代よりも収入は激減、建築現場や短期のアルバイトに勤しんで生活を繋いでいた。

新たに芸能事務所に所属、映画やVシネマなど出演する機会を得るが鳴かず飛ばずの状態だった。この時期に劇団立ち上げの話も持ち上がるが、仲間との意見が合わず頓挫。そんな中、父親を脳腫瘍で亡くす。公私共に五里霧中に立たされる。

飲食店を起業することを決意する。当初はバーを開くつもりでいたが、大阪の知人に勧められて食べた「鉄板鍋」という料理に衝撃を受ける(鉄板焼きから発展した料理)。東京に無いものを提供する店にしようと考えていた大島は、この料理をアレンジしたものを出す店にしようと決めた。

料理や経営について勉強を重ね、飲食店で働きながら修行をして調理の基本を学んだ。

2006年8月、東京都渋谷区恵比寿西に『ちりとり鍋 大島』を開店(因みに元相方の石本も翌年に恵比寿に『馬肉屋たけし』をオープンさせている。石本とは現在も公私共に交友がある)。

2008年5月18日、店の立ち上げにも協力した元タレントの武田夏葉子と結婚(夏葉子は初代日銀総裁・吉原重俊の玄孫、また、三菱財閥創業者の岩崎弥太郎妹の岩崎さきの系統でもあり、荘田平五郎の玄孫にあたる。現在は『ちりとり鍋 大島』でエグゼクティブマネージャー・広報をこなす他、大島の芸能のマネージャーも務めている)。

2009年6月、芸能活動での路線を変更し、マルチタレントとして活動すると表明。

2010年12月、39歳にして長男を授かる。

2015年2月、武田夏葉子と離婚した事が一部スポーツ紙にて報じられる。本人も離婚した事を認めている。現在はちりとり鍋屋の経営から退き、共通の知人に譲渡したという。店名には「大島」の文字が現在も入っているが、大島と店と何の関わりもない。現在元相方のドロンズ石本が東京・恵比寿で経営する「馬肉やたけし」で味わうこともできる。

お笑い芸人偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

大島直也の評判・つぶやき

  • 広島のオリ彦@3/6京都 5ナゴ6京セ侍

    広島のオリ彦@3/6京都 5ナゴ6京セ侍 5年前

    オリ彦のチームのスタメンは投 松葉貴大江村直也新井貴浩脇谷亮太村田修一
  • 関ヶ原のまいるんジャー

    関ヶ原のまいるんジャー 5年前

    #異なるグループで好きな子5人あげたら好みがだいたい分かる ♡吉原雅斗♡楡木直也♡陳内将♡寺坂頼我♡大島優子"
  • QMAお笑いbot

    QMAお笑いbot 5年前

    【スロット】TV番組『進め!電波少年』でも活躍した、石本武士と大島直也がかつて結成していたお笑いコンビは? A.ドロンズ"
  • たかと

    たかと 5年前

    @BaseballSoya10 言われると思ったわ(笑)大島直也あんなことツイートしながら良いねしやがって(笑)"
  • ありました!

    ありました! 5年前

    価格513円~ 本気!26~哀愁編 VHS 内田清美 日本映像 立原あゆみ 三田あいり 村田忍 大島宇三郎 山田和夫 本田博太郎 瀬島光雄 誠直也 村上竜二 大川俊道 石橋保 "

お笑い芸人一覧

お笑い芸人偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング