大島正満の出身高校

大島正満 学者

大島正満 (おおしままさみつ、1884年6月21日 - 1965年6月26日) は 日本の生物学者 (動物学)。博士 (理学) 理学博士、博士 (農学) 農学博士。シロアリの防除法などの研究を行ったが、台湾勤務時代にスタンフォード大学に留学し、デイビッド・スター・ジョーダン D.S.ジョーダンのもとで魚類研究を行った。特にサケ類 サケ科の淡水魚 淡水魚類を中心に動物学の研究を行い、 「サラマオマス」 (サクラマスの亜種、現在はタイワンマスと呼ぶ) を命名した。 1884年、北海道札幌市 札幌にて大島正健 (札幌農学校第1期生) の長男として出生。 1893年、父の転職に伴って関西に転居。父が校長を務めた私立奈良中学校に入学し、金山平三と親交を結んだ。 1901年、奈良中学廃校に伴い、神奈川県立第一中学校 (現神奈川県立希望ヶ丘高等学校) に転入。第一高等学校 (旧制) 第一高等学校を経て、

大島正満の出身高校

大島正満出身高校
希望ヶ丘高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
学者ランキング
575位 / 1026人中 学者別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1884年6月21日生まれ

大島正満の関連人物

学者偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


大島正満の関連著書

学者一覧

学者偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング