大屋敦の出身高校

大屋敦

大屋敦 実業家

大屋 敦(おおや あつし、明治18年(1885年)9月5日 - 昭和45年(1970年)8月18日)は、日本の実業家。元住友化学工業社長。

元大審院判事永井岩之丞の六男。姉・夏子は内務官僚・平岡定太郎の妻。大屋宏、純子、大屋薫、千枝子、大屋韶の父。

東京に父・岩之丞、母・高のもとに6番目の子として生まれた。きょうだいは同じ父母の下に全部で12人。

岩之丞は裁判官で、大審院の判事だった。高は常陸宍戸藩主松平頼位の娘で、家の格式は高いが小藩のため維新後は貧乏華族の一つであった。なお母の生母は“第二夫人”だった。

尋常小学校2年のとき苗字が永井から大屋に変わった。

明治43年(1910年)東京帝国大学工科大学電気工学科卒業。逓信省電気局技師から住友総本店に入り、日本板硝子取締役、住友合資の経理部長、総務部長を経て住友化学専務となり、昭和16年(1941年)社長。ほかに住友アルミニウム製錬社長・会長、住友本社理事、軍需省顧問なども歴任した。戦後、昭和23年(1948年)住友ベークライト会長、気象協会会長、科学技術庁顧問を兼ねた。

などがある。

大屋敦の出身高校

大屋敦出身高校
偏差値 高校偏差値ランキング
実業家ランキング
271位 / 412人中 実業家別偏差値ランキング
性別
男性

大屋敦の関連人物

実業家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


実業家一覧

実業家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング