境秋範の出身高校

境秋範

境秋範 サッカー選手

境 秋範(さかい あきのり、1970年10月6日 - )は千葉県出身の元サッカー選手である。

小学校時代は空手をしており黒帯所持であったが サッカーへの転向をした。 市立船橋高校では布啓一郎監督の指導を受け、レギュラーとして全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の2年連続優勝を経験した。高校3年時の全国高等学校サッカー選手権大会では準優勝となって、大会優秀選手に選ばれた3人のGKの中に含まれた。

卒業後、日本サッカーリーグ(JSL)でのプレーを選んだ同級生の小川誠一や野口幸司とは異なり、境は進学を選択して専修大学に入学し、関東大学サッカーリーグに所属する同大学サッカー部に所属した。

1993年、大学を卒業した境は富士通に入社し、ジャパンフットボールリーグ(旧JFL)の富士通サッカー部に入部。富士通の社員としてアマチュア契約選手としてのプレーとなった。境はチームでの信頼を得て、1996年までは正GKとして富士通のゴールを守った。

1997年、富士通川崎が川崎フロンターレとしてプロ化し、Jリーグを目指すと、境は清水エスパルスから移籍した浦上壮史の控えに回った。1997年は公式戦の試合出場がなく、1998年も旧JFLの全試合にベンチ入りしたが、出場は浦上がベンチを外れた2試合のみに終わった。

1999年、川崎フロンターレはJリーグ2部(J2)に参加し、境もプロリーグの選手となったが、富士通に籍を残す社員選手の立場を守った。この年は本田技研工業サッカー部から移籍した笹原義巳と第2GKの地位を分け合い、ほぼ交互に浦上の控えとしてベンチに入った。川崎はJ2優勝と翌年のJリーグ1部(J1)昇格を決めたが、この年限りで境は退団した。

その後、境は同年に川崎と退団したチームメイトの川元正英とともに、神奈川県社会人リーグの神奈川県教員サッカークラブでプレーを続けた。

境秋範の出身高校

境秋範出身高校
船橋市立船橋高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1236位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1970年10月6日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング