塩崎潤の出身高校

塩崎潤 議員

塩崎 潤(しおざき じゅん、1917年(大正6年)5月31日 - )は、昭和・平成期の政治家、元衆議院議員、大蔵省 大蔵官僚、翻訳家。長男は国会議員の塩崎恭久愛媛県松山市出身。1941年(昭和16年)東京帝国大学(現・東京大学)法学部政治学科を卒業後、大蔵省に入省する。主に主税局畑を歩き、1965年(昭和40年)国税庁次長、大蔵省主税局長を歴任した。1967年(昭和42年)大蔵省を退官し、1969年(昭和44年)第32回衆議院議員総選挙に郷里の愛媛県から、自由民主党 (日本) 自由民主党公認で立候補し当選。以後、当選8回。自民党では、宏池会に所属。1970年(昭和45年)のいわゆる「大平クーデター」では、宏池会会長の前尾繁三郎を田中六助、田沢吉郎らとともに批判し、宏池会会長を前尾から大平正芳に交代させる原動力となった。

塩崎潤の出身高校

塩崎潤出身高校
松山東高校 偏差値 愛媛県高校偏差値ランキング
議員ランキング
340位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1917年(大正6年)5月31日生まれ

塩崎潤の関連人物

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

塩崎潤の評判・つぶやき

  • 366日相互フォロー@5月31日 5年前

    1917年5月31日 塩崎 潤 (しおざき・じゅん) 【政治家】 〔愛媛県〕 #誕生日"

塩崎潤の関連著書

議員一覧

議員偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング