堺正章の出身高校6

堺正章出身高校
鎌倉学園高校 偏差値
神奈川県高校偏差値ランキング
タレントランキング
412位/2188人中(タレント)
性別
男性
生年月日
1946年8月6日生まれ
血液型
A型
タレント別偏差値ランキングを見る

堺 正章(さかい まさあき、1946年8月6日 - )は、日本のタレント、コメディアン、歌手、俳優、司会者、ラジオパーソナリティ。本名、栗原 正章(くりはら まさあき)。愛称は「マチャアキ」「堺先生(しゃかい しぇんしぇい)」「巨匠」「Mr.かくし芸」。

エンターテイナー、タレント、歌手など様々な肩書きを持つが、1990年代以降はテレビ・ラジオの司会を中心に活動している。ホリプロを経て、ケイダッシュ・田辺エージェンシー傘下の個人芸能事務所エスダッシュに所属。

1946年6月6日、喜劇俳優である堺駿二の長男として東京都世田谷区に生まれる。ただし、父・駿二が出生届の提出を2か月間忘れてしまったため、戸籍上は8月6日生まれとなっている。

5歳の時、父に連れられて撮影所に行ったことをきっかけに子役として映画に出演し、芸能界にデビューする。鎌倉学園在学中の1962年、16歳でかまやつひろし(ムッシュかまやつ)や大野克夫らの音楽バンド「ザ・スパイダース」に加入し、その後加入した井上順とともにボーカルを担当、「夕陽が泣いている」などでヒットする。

1970年のバンド解散後はソロで歌手活動を展開したほか、俳優、司会、さらには父を受け継ぎコメディアンと、多方面にわたり活動の幅を広げている。1970年にスタートした『時間ですよ』(TBS)では第3シリーズ(1973年)まで出演。番組人気と相まって、悠木千帆らとともに俳優としての出世作となった。

1978年から1980年にかけて日本テレビ系ドラマ『西遊記』『西遊記II』で主役の孫悟空を務め、子どもを中心に大きな人気を集めた。2006年のフジテレビ系『西遊記』最終回には釈迦役でゲスト出演し、如意棒を手に往年の演武を披露した。また1976年から『新春かくし芸大会』に出演し、毎年玄人はだしの個人芸を習得・披露してエンターテイナーぶりを発揮した。

1999年にはかまやつひろし、井上堯之と共にユニット「ソン・フィルトル」(「両切りタバコ」の意味)を一時結成し、CDをリリース。ライブ活動を皮切りに、12月31日にはオリジナル曲「Yei Yei」を引っさげてNHKの『第50回NHK紅白歌合戦』に出場した。

2008年、フジテレビ系ドラマ『無理な恋愛』に主演。民放の連ドラとしては『パパ・サヴァイバル』(TBS系日曜劇場)以来13年ぶりの主演となった。また同ドラマの主題歌「忘れもの」も担当し、1993年発表の「CATCH ME」以来、15年ぶりとなるシングルをリリースした。

2013年、第6回したまちコメディ映画祭in台東にてコメディ栄誉賞を受賞した。

2015年、浅草公会堂の正面にあるスターの広場に手形が設置された。

プライベートでは1974年に一般女性と結婚したが、1980年に離婚。その時の慰謝料が1億円と噂されたことで、一部メディアで話題になった。

1989年、タレントの岡田美里と2度目の結婚。2児(長女はアパレルブランドのデザイナー・ファッションブロガーの菊乃、次女は女優の堺小春)を儲けるも、2001年に離婚。岡田は会見の中で、岡田自身が幼少時に実父E・H・エリックから受けた家庭内暴力によりPTSDを発症しており、1995年に流産を経験した頃から状態が悪化。堺の何気ない行動にも過敏になってしまい、生活を共にすることが苦痛になったことを離婚の原因に挙げ、堺からの暴力・暴言が原因ではない事を語っている。

65歳の誕生日である2011年8月6日、交際していた22歳年下の一般女性と3度目の結婚。

ソロ活動のみ。

堺正章の関連人物

タレント偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

堺正章の評判・つぶやき6


タレント一覧

タレント偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング