堺晃一の出身高校

堺晃一

堺晃一 スポーツ選手

堺 晃一(さかい こういち、1986年3月11日 - )は日本の元陸上競技選手、専門は長距離走。兵庫県加古川市出身。兵庫県立飾磨工業高等学校、駒澤大学卒業。富士通陸上競技部に所属。

駒澤大学4年生次の第84回箱根駅伝において、復路のエース区間である9区を任され、8区で区間賞の深津卓也から襷を受け取り、首位を走っていた早大をかわし、総合優勝の立役者となった。

卒業後は、富士通に入社し、2010年の全日本実業団対抗駅伝競走大会では,エース区間の4区を任され、中国電力の佐藤敦之に次ぐ区間2位の好走を見せた。翌年は、5区を任され区間4位だった。

彼のセールスポイントは、長距離選手とは思えぬ鍛え抜かれたがっしりした体格であり、向かい風や上りに強く、ロードを得意とする。マラソンにも力を入れている。

2015年5月をもって富士通陸上競技部を退部。引退し、社業に従事することが発表された。

堺晃一の出身高校

堺晃一出身高校
石川県立工業高校 偏差値 石川県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1942位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1986年3月11日生まれ

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング