堂林翔太の出身高校

堂林翔太

堂林翔太 プロ野球選手

堂林 翔太(どうばやし しょうた、1991年8月17日 - )は、愛知県豊田市出身の広島東洋カープに所属するプロ野球選手。

中京大中京高校時代の2009年に投手として第91回全国高等学校野球選手権大会で優勝。広島への入団を機に内野手へ転向。2014年からは内野手登録のままで外野手として公式戦に出場することもある。

小学校2年時に「豊田リトル」で野球を始める。

中学時代は「豊田シニア」に所属し、投手兼遊撃手だった。宮城県で開催された国際大会で名古屋北シニアの補強選手として出場し、この時、東北選抜との試合で菊池雄星(現・西武)と対戦している。中京大中京高校に進学すると1年春から投手としてベンチ入り。1年秋から2年夏までは打力を買われて一塁手のレギュラーになる。 2年春には選抜大会に出場するも試合出場はなし。

2年夏は愛知大会で敗退。新チームとなった秋からエースで4番を任され、東海大会を全4試合完投するなど安定した投球で優勝しセンバツの切符を手にする。3年春の第81回選抜高等学校野球大会では準々決勝で報徳学園に9回までリードしながら敗れベスト8。打撃では打率.584、4打点を記録した。

3年夏の第91回全国高等学校野球選手権大会ではエース兼4番として投打でチームを牽引し、打率.522、12打点、1大会通算最多タイとなる6二塁打を記録。当時は多彩なテクニックに加え、強じんな足腰とバネ、冷静なプレイスタイルを持っていながら心を持たず勝利のみを追求していたため、「ベースボールサイボーグ」の異名をとった。日本文理高校との決勝では右中間に先制2ランホームランを放つなど、同校の史上最多7度目となる夏の甲子園優勝に大きく貢献したが、途中で降板して右翼手に回り、優勝投手にはなれなかった。「最後まで投げたかったんですけど…、ホント済みませんでした。」と、試合終了後の優勝インタビューでは敗戦したかのように、悔し涙を流し声を詰まらせながら謝罪をした。高校通算13本塁打。

高校の2学年先輩に阪神タイガースの伊藤隼太、1学年先輩にフィギュアスケートの浅田真央、1学年後輩に後にカープのチームメイトとなる磯村嘉孝、アーセナルFCの宮市亮、SKE48の梅本まどかがいる。

2009年10月29日に行われたプロ野球ドラフト会議では、広島東洋カープから内野手として2位指名を受け、契約金7000万円、年俸700万円(金額は推定)で入団。

球団からは三塁手及び一塁手として育成されている。背番号は、ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスのような選手になって欲しいという期待から「13」を与えられた。カープで背番号13を付けた野手は、1964年のロナルド大森(内野手)以来、43年ぶりの事だった。

しかし、5月9日のヤクルト戦で右手薬指を骨折するなど前年同様打撃の調子が上がらずレギュラー確保には至らなかった。かねてより交際宣言していたTBSアナウンサーの枡田絵理奈と結婚することが11月5日にわかった。12月25日に枡田との婚姻届を提出。

堂林翔太の出身高校

堂林翔太出身高校
中京大学附属中京高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1022位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1991年8月17日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング