堀部涼子の出身高校

堀部涼子 スポーツ選手

堀部 涼子(ほりべ りょうこ、1976年8月3日 - )は、大阪府出身のバスケットボール選手である。ポジションはセンター、フォワード。

枚方市立第四中学校でバスケを始め、大阪薫英高、大阪薫英女短大を経てユニチカに入社。ユニバーシアード代表も経験し、新人王を獲得する。ユニチカ時代にはミス日本リーグを受賞した。

1999年、ユニチカの日本リーグ撤退に伴い日本航空に移籍。2005年にはオールジャパン初優勝に貢献する。全日本にも選ばれ続け、1998年・2002年世界選手権や2002年アジア競技大会に出場。

2005年1月9日に行われた全日本総合バスケットボール選手権大会決勝で活躍、チームはシャンソンVマジックを破り初優勝を果たした。

2005年退社。以降、地元のクラブチームでプレーを続け、2年連続で国体大阪成年女子代表に選出される。

2008年、日本ハンドボールリーグ(JHL)元HC東京副キャプテン堤一之と結婚。

エバラヴィッキーズでプレーしていた堀部香織は実妹。

10-11 渡嘉敷来夢

堀部涼子の出身高校

堀部涼子出身高校
大阪薫英女学院高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1053位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1976年8月3日生まれ

堀部涼子の関連人物

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング