堀晃の出身高校

堀晃 作家

堀 晃(ほり あきら、1944年6月21日 - )は、日本の作家、SF作家。兵庫県たつの市(旧龍野市)生まれ。創作落語も手掛けるが、作品数は少ない。宇宙作家クラブ会員。日本SF作家クラブの会員だったが、2014年現在は退会している。兄の堀龍之は松下通信工業常務取締役となったが、ともにSFファンであり、SF作品の共作多数。

高校時代からSFファンとして活動。大学卒業後は、繊維メーカー敷島紡績(のちにシキボウ)勤務と平行してSFを書き続けてきた。いわゆる、兼業作家であった。筒井康隆主宰の同人誌「NULL」発表の作品が「宇宙塵」に転載され、再転載によりプロデビューしている。

日本では数少ないハードSFの書き手。情報理論やエントロピーの収支を正面からSFの題材として料理した、質の高いアイデア・ストーリー短編を得意とする。ただし、単なる科学好きではなく、純文学や、社会科学なども広く興味の対象にあり、それらの幅広い教養を背景にしての「ハードSF」を書いているのも特徴である。

落語などの「笑い」が大好きという一面もある。そのためか、作風はまったく異なるが同じ関西在住で、しかも同年代でかつ同時期にデビューしたかんべむさしとはウマが会い、長年に渡り親しく交際し、また共著も出している。

やはり同じ関西在住で、堀作品を高く評価する小松左京(『太陽風交点』の日本SF大賞受賞の際に強く推薦し、文庫本の解説を書いた)とも懇意であり、小松経由で桂米朝門下の落語家とも交流がある。亡くなった桂歌之助については、編集委員の一人として遺稿集の自費出版に参加した。

これまた関西在住の筒井康隆とは、筒井の同人誌である第一期『NULL』時代からの親交があり(創刊翌年の1961年、高校2年生時点で入会し、翌年筒井の面識を得た)、筒井関係のイベント(冷し中華祭り、『ザ・ウチアゲ』など)にも参加している。また、1973年の筒井の短編「熊の木本線」に登場する架空の民謡「熊の木節」に曲をつけ振り付けも考えて、筒井ファンに披露した。

熱心なジャズファンでもある。どちらかと言えば古いスタイルのジャズ、特にクラリネットを好み、滝川雅弘、谷口英治、ニューオリンズ・ラスカルズなどのファンである。その一方で筒井経由で山下洋輔トリオとも親交があり、かつては、山下トリオが大阪に来ると必ず筒井、かんべらと共に聴きに来ていた。今でも都合が許す限りライブに足を運んでおり、また「森山威男研究会」も主宰している。

また、筒井との交流からASAHIネット主催の、「パスカル短篇文学新人賞」の審査員をつとめた。その審査員たち、筒井康隆、小林恭二、薄井ゆうじ、佐藤亜紀との5名で、「JALInet」(JAPAN LITERATURE net)を、発起人として立ち上げた。

近年は、コミケット・SF大会などで活動する理系集団「カフェ・サイファイティーク」(マッドサイエンティスト・カフェ)の一員としても活動。

また、「小説講座」の講師をつとめている「創作サポートセンター」が主催する「大阪ショートショート大賞」の選考委員。

趣味は立ち食いうどんの食べ歩きで、関西のTV番組でそのことを公表した。

また、若い頃より詳細な日記を記述しており、その内容を自身のサイトに記述する予定であるが、作業はあまり進んでいない。

堀晃の出身高校

堀晃出身高校
淳心学院高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
作家ランキング
664位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
生年月日
1944年6月21日生まれ

堀晃の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

堀晃の評判・つぶやき

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング