坂崎一彦の出身高校

坂崎一彦 プロ野球選手

坂崎 一彦(さかざき かずひこ、1938年1月5日 - 2014年1月28日)は、大阪府豊中市出身のプロ野球選手(外野手)。

1953年浪華商業高校(現・大阪体育大学浪商高等学校)に入学。2年生の1954年に右翼手として春の選抜に出場する。2回戦でこの大会に優勝した飯田長姫高のエース光沢毅に抑えられ敗退。翌1955年の春の選抜では四番・中堅手として出場。チームは順調に勝ち上がり、決勝戦で桐生高校と対戦。桐生高校監督の稲川東一郎は坂崎に対して勝負を避ける選択を取る。坂崎は2打席敬遠されたが、第3打席に桐生高エースの今泉喜一郎は勝負し、その打席で2点本塁打を放つ。結局、浪華商は延長11回にサヨナラ勝ちして、18年ぶり2回目の優勝を飾った。この大会での坂崎の成績は15打数9安打、打率.600、2本塁打、8敬遠であったが、その打棒は新聞に坂崎大明神と書かれるほどであった。後年、坂崎は「桐生は普通にやっても強いチームだった。敬遠に対して怒るような気持ちは全くない。ただ、妙な作戦を取るものだとは思った。自分の後ろを打っている山本八郎もよく打っていたからね。」と語っている。同年の夏の甲子園にも出場するが、1回戦で前岡勤也を擁する新宮高に敗れ、春夏連覇はならなかった。チームメートに谷本隆路、広島尚保の両投手、山本八郎、勝浦将元(のち大洋)がおり、谷本以外はプロ入りしている。

1956年に巨人に入団。パワフルな打撃で入団1年目から外野手の控えとなるが、身体が硬いために内角の速球に付いていけずに追い込まれ、高めのボールに手を出して三振するパターンが多く低打率にあえいだ。打法をコンパクトなフォームに変え、3年目の1958年に108試合に出場しレギュラーに定着し、初めてオールスターゲームに出場する。1959年には主に五番打者を務め、打率.284(リーグ4位)、15本塁打、64打点を記録、ベストナインを受賞した。同年の天覧試合にも出場し、5回裏に長嶋茂雄に続く連続本塁打を放っている。1960年は打率.202と低迷しレギュラーを奪われるが、1961年から1963年にかけては長嶋茂雄・王貞治とクリーンナップを組んで五番を打つ。特に1962年は打率.276(リーグ7位)、6本塁打、44打点を挙げ三度目のオールスターゲーム出場を果たした。また、1963年には代打としても36回起用され、30打数11安打で打率.367とリーグトップの代打率を残している。

1964年に代打では打率.417を挙げるものの、シーズンでは打率.237と打撃が低迷すると、同年オフに巨人から坂崎・山崎正之・池沢義行、東映から吉田勝豊・安藤元博・石原碩夫の3対3の交換トレードで東映フライヤーズに移籍する。移籍1年目の1965年は右翼手の定位置を確保し123試合に出場して、打率.258、11本塁打、45打点を挙げる。特に代打では36打数17安打で打率.472という驚異的な成績を残す。その後は徐々に出場機会が減り、1967年限りで現役を引退した。

引退後は、家業の電気工事店を継いだ。また、全国野球振興会会員でもあった。

2014年1月28日午前1時40分、胃癌のため大阪府豊中市の病院で死去。76歳没。

プロ入り後、苦手な内角速球や変化球に対応するために、コンパクトなスイングに打法を変えたが、坂崎自身は選手生活が短くなったとしても、高校時代の思い切ったバッティングをプロでも続けたかったと語っていたという。

通算代打成績:起用数391、334打数98安打、打率.293、75打点

坂崎一彦の出身高校

坂崎一彦出身高校
大阪体育大学浪商高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3481位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1938年1月5日生まれ

坂崎一彦の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング