坂上香織の出身高校

坂上香織 タレント

坂上 香織(さかがみ かおり、1974年7月29日 - )は、日本の女優である。元アイドル。

1974年(昭和49年)、長崎県長崎市生まれ。嘉悦女子高等学校中退。

始めは女優としてデビューし、あまりの美少女ぶりから『第二のゴクミ(後藤久美子)』とまで呼ばれていた。当時の愛称は「ガミちゃん」で、女優デビュー翌年の1988年8月にアイドル歌手として歌手デビューをした。その際のキャッチコピーは『かおり、深呼吸。』だった。当時のファンクラブ名は「KAORI俱楽部(1988年 - 1992年)」。

ライジングプロダクション、フロム・ファーストプロダクションに所属していた。

実家は長崎市内で割烹料理店を経営しており、坂上は姉2人・兄1人の4人姉兄の末娘である。「香織」の名前は、父が産院にある「良い名前一覧表」から目を閉じて無作為で指差して決められたという。

小学6年生だった1986年(昭和61年)の秋、地元長崎市で行われた、アイドル・荻野目洋子のコンサートに招待され訪れたところを、その会場でライジングプロダクションにスカウトされ、芸能界デビューすることとなった。

女優として、『ガキ大将がやってきた』(1987年、TBS系)や、『独眼竜政宗』(1987年、NHK)、『太陽の犬』(1988年、日本テレビ系)等へ出演した。また、1988年には『レースのカーディガン』でアイドル歌手デビューし、歌番組やバラエティ番組などにも登場した。

アイドル時代には、故郷である長崎から母親が上京し、一緒に生活していた時期があったが、高校在学中からアイドル活動が振るわなくなり、1990年を最後にシングルCDのリリース及び、歌手活動を休止した。

1991年2月頃より、名前を「坂上かおり」と平仮名に改名するも、約二年後に元の漢字表記に戻した。1993年には、週刊誌 『週刊プレイボーイ』でヌードを披露した。また、それと前後して所属芸能事務所も移籍した。

後年坂上はこれについて、「女優へ転身するためのターニングポイント」と、アイドル活動の行き詰まりに伴い、女優へと路線転換するためのものであったとしている。

その後は濡れ場や汚れ役もいとわず演技の幅を広げており、オリジナルビデオ(Vシネマ)や2時間ドラマなどに出演。

デビュー当時から、料理・カメラ撮影・映画鑑賞・映画のポストカード収集などを趣味としている。料理の腕前に関しては、中学生の頃から煮物等の和食全般が特に得意であった。

3rdシングル『プラトニックつらぬいて』には、未収録音源で幻の「VERSION I」と呼ばれるオリジナル・ヴァージョンが存在するため、CDシングルとして発売されたヴァージョンは「VERSION II」である。「VERSION I」は、当時のTBS系バラエティ番組『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』において、口パクではあるものの、一度だけ公開されたことがある。

4thシングル『グッドバイ・マイ・ラブ』で1989年8月17日放送の「ザ・ベストテン」に『今週のスポットライト』で出演した際、共演していたチェッカーズ時代の藤井フミヤのファンであることを明かし、フミヤと握手したことがある。

坂上香織の出身高校

坂上香織出身高校
かえつ有明高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
タレントランキング
1160位 / 2188人中 タレント別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1974年7月29日生まれ

坂上香織の関連人物

タレント偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


タレント一覧

タレント偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング