和田信賢の出身高校 アナウンサー

和田 信賢(わだ のぶかた、1912年6月19日 - 1952年8月14日)は、戦前から戦後にかけて活躍したNHKのアナウンサー。本名は上記のとおり「のぶかた」であるが、読みづらいため「しんけん」と有職読みで通していた。

1912年に東京府で生まれる。東京府立第五中学校、早稲田大学第二高等学院を経て早稲田大学に進学するも、中退。1934年に日本放送協会(当時は社団法人)へ第1期アナウンサーとして入局。

和田が一躍有名になった場面は、1939年の大相撲1月場所の実況中継である。和田はこの場所の実況中継を初日から4日目まで担当したが、4日目(1月15日・日曜日)に70連勝を目指していた双葉山定次が、結びの一番で安藝ノ海節男に外掛けで敗れ、連勝が69で止まった。取組前には「不世出の名力士双葉、今日(15日)まで69連勝。果たして70連勝なるか?70は古希、古来稀なり!」とアナウンスして始まったが、当然、この日に連勝記録が止まるなどとは和田も他の者も誰も予想しておらず、双葉山が敗れた瞬間には控えにいた先輩の山本照に対して「双葉山は確かに負けたましたね!?」と慌てて確認を取ったあと、「双葉敗る!双葉敗る!双葉敗る!!時、昭和14年1月15日!旭日昇天、まさに69連勝。70勝を目指して躍進する双葉山、出羽一門の新鋭・安芸ノ海に屈す!双葉70勝ならず!!」と叫んだ。

1945年8月15日の終戦放送では進行役を担当。全国に向けて終戦の詔勅を朗読した。その後、NHK山形放送局放送課長として転勤したが、まもなく退職。東京に戻り、NHKの嘱託アナウンサーとして仕事を続ける。戦後は1946年末からNHKのラジオクイズ番組『話の泉』の司会者として活躍、徳川夢声をはじめとする一癖も二癖もある文化人のレギュラー回答者たちを相手に絶妙な問答を繰り広げ、タレントとしての才能も高い人気アナウンサーの地位を引き続き保った。

1950年に開局直前の中部日本放送(現:CBCラジオ)でアナウンス研修を松内則三と共に(当時のNHKで1年かかる内容を半年で)行い、後に当局で開局直前の第一声を発する宇井昇等を育成。

1952年8月14日、ヘルシンキオリンピックの実況を終えて帰国する途中にパリで急病に倒れて客死した。40歳没。

和田信賢の出身高校

和田信賢出身高校
早稲田大学高等学院 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
アナウンサーランキング
25位 / 人中 アナウンサー別偏差値ランキング
生年月日
1912年6月19日生まれ

アナウンサー偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


アナウンサー一覧

アナウンサー偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)

高校偏差値ランキング
大学偏差値ランキング
企業年収ランキング


お問い合わせ 2017-2017 高校偏差値ナビ © All rights reserved.