吉田孝司の出身高校

吉田孝司

吉田孝司 プロ野球選手

吉田 孝司(よしだ たかし、1946年6月23日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手。

市立神港高校では2年生から正捕手。1963年には3年生エース宮本幸信投手とバッテリーを組み、春の選抜に出場。準決勝まで勝ち進むが、下関商の池永正明投手に抑えられ、1-4で敗れた。同年夏は県予選準決勝で市西宮に敗退、翌1964年夏も県予選で敗れ、甲子園出場はならなかった。

1965年に読売ジャイアンツへ入団。1969年に一軍に定着、森昌彦に次ぐ二番手捕手としてV9を支える。森の現役最終年となった1974年、ついに試合数が森を上回り正捕手に昇格、以後長嶋茂雄監督の下で数年に渡りジャイアンツの正捕手として活躍した。1976年にはオールスターゲームに出場し、第3戦で代打で三塁打を打った。その活躍で巨人の捕手として初のMVPに輝いた。翌1977年も2年連続でオールスターに出場しリーグ連覇に貢献した。

二番手捕手として長きに渡り川上哲治監督に重宝されたこともあって、選手として一軍ベンチ入りの試合数はジャイアンツ史上4位であり、これは川上や長嶋より多い(1位は王貞治。柴田勲と森昌彦が2位タイ)。川上政権下では怒られ役で、何かにつけて「ヨシ!」と叱られたという。

1978年に山倉和博が入団、山倉が正捕手となった1980年以降は再び控え捕手になる。1982年には選手兼バッテリーコーチ補佐に就任。選手兼バッテリーコーチに就任した1984年は1軍出場がなく現役引退。引退後は1985年からバッテリーコーチ専任となり1994年までコーチを務め、1995年にフロント入りした。編成部長在任時の2005年に、一場事件に関連してスカウト職を解任された。

2012年から横浜DeNAベイスターズの編成・スカウト部長に就任。2013年からは現職のまま、浅利光博(統括マネジャー)・竹田光訓(ファームディレクター)とともにGM補佐を兼務する。

吉田孝司の出身高校

吉田孝司出身高校
神戸市立神港高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2608位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1946年6月23日生まれ

吉田孝司の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


吉田孝司の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング