吉田勝豊の出身高校

吉田勝豊 プロ野球選手

吉田 勝豊(よしだ かつとよ、1935年3月21日 - )は、佐賀県武雄市出身の元プロ野球選手(外野手)。

武雄高校から日鉄二瀬に進む。1956年の都市対抗に井洋雄投手を擁し四番打者として出場。1回戦で本塁打を放ち富士鉄室蘭を降すが、2回戦で日本コロムビアに9回サヨナラ負け。井以外の日鉄二瀬のチームメートには古葉竹識、江藤慎一らがいた。

1957年に東映フライヤーズに入団、1年目から左翼手として100試合以上に出場する。その後は中堅手、一塁手もこなし、1961年にはリーグ8位となる打率.298をマーク。翌1962年には打率.306で初の打率3割に到達し、外野手としてベストナインも受賞した。

1965年に安藤元博・石原碩夫とともに、池沢義行・山崎正之・坂崎一彦との交換トレードで、読売ジャイアンツに移籍。1年目はレギュラー中堅手として五番あるいは六番打者を任される。3度目のオールスターゲームにも出場した。翌1966年からは柴田勲の台頭もあって出場機会が漸減、1968年に益田昭雄とともに、井上善夫との交換トレードで西鉄ライオンズに移籍。1969年に現役引退。

引退後は1973年から1978年までロッテオリオンズでコーチを務めた。

吉田勝豊の出身高校

吉田勝豊出身高校
武雄高校 偏差値 佐賀県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1896位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1935年3月21日生まれ

吉田勝豊の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング