吉岡秀隆の出身高校

吉岡秀隆 タレント

吉岡 秀隆(よしおか ひでたか、1970年(昭和45年)8月12日 - )は、日本の俳優。埼玉県蕨市出身。所属事務所はOffice Bow!。

5歳で劇団若草に所属し間もなくテレビ時代劇『大江戸捜査網』でデビュー。当時、吉岡 ひでたかの芸名で、子供向けの歌をいくつか吹き込んでいる。1976年に『山口さんちのツトム君』人気を受けて制作されたアルバム(パパ役が田中星児、ママ役が小鳩くるみで、ツトム君役が吉岡秀隆)の中で彼も『山口さんちのツトム君』を歌っている(この曲はビクターエンタテインメントから発売される童謡集にときどき収録される)。

1977年、野村芳太郎監督の『八つ墓村』で萩原健一演じる主人公・寺田辰弥の少年時代役を演じ、映画初出演。その後『遙かなる山の呼び声』の武志役オーディションで山田洋次監督に見出され、『男はつらいよ』シリーズ第27作『浪花の恋の寅次郎』から最終作と特別篇まで寅次郎の甥・諏訪満男役でレギュラー出演し、渥美清が病気で派手な演技ができなくなってからは登場シーンも増え、事実上の主役を演じた。

1981年より2002年までフジテレビの看板シリーズだった『北の国から』にも黒板純役でレギュラー出演。北の国からの完結後の2003年、同局の医療ドラマ『Dr.コトー診療所』に主演、やはり人気を博した。その後も山田洋次監督や『北の国から』製作スタッフ出身の監督・脚本家の作品を中心に数多くのドラマや映画に出演し、またCMのナレーション等声の仕事も増えている。

山田洋次監督の作品(『男はつらいよ』シリーズ・『遙かなる山の呼び声』・『キネマの天地』・『学校II』・『虹をつかむ男』シリーズ・『隠し剣 鬼の爪』・『釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇』)への出演が多く、ほぼ常連に近い。また、黒澤明監督の脚本を含む作品(『八月の狂詩曲』・『まあだだよ』・『雨あがる』・『海は見ていた』)の出演が多いなど日本で有名な監督作品の出演が多い。

1994年に主演した、映画『ラストソング』では同名の劇中歌を作詞作曲。47万枚を売り上げるヒットとなり、オリコンでも最高7位を記録した。

体の線が細く、繊細な演技が持ち味。若いころは、思い悩むごく普通の、等身大の青年役を演じた。人前で喋るのは苦手であるとして、TVのバラエティ番組やトーク番組にはめったに出演しないが、たまに出演するラジオ番組では、黒澤明監督との思い出話からバイクでの失敗談、スタジオジブリアニメが好きでロケ先にまでDVDを持って行った話まで、比較的プライベートな話題も語っている。

学校歴としては自由の森学園高校を経て、亜細亜大学中退。

2002年12月に、『北の国から2002遺言』で共演した内田有紀と結婚した。この結婚では、倉本聰がプロデュースして『北の国から』の舞台・富良野市での挙式が話題になったが、2005年12月21日に離婚した。

以下、特記のない限りナレーター

吉岡秀隆の出身高校

吉岡秀隆出身高校
自由の森学園高校 偏差値 埼玉県高校偏差値ランキング
タレントランキング
1413位 / 2188人中 タレント別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1970年(昭和45年)8月12日生まれ
血液型
A型

吉岡秀隆の関連人物

タレント偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

吉岡秀隆の評判・つぶやき

  • なつみ

    なつみ 2年前

    吉岡秀隆さん"
  • シアターリーグ

    シアターリーグ 2年前

    ▼9/15 10:00〜WOWOWシネマ 映画「64 -ロクヨン-」前後編監督・脚本:瀬々敬久 脚本:久松真一出演:佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人/窪田正孝/坂口健太郎/椎名桔平/滝藤賢一/奥田瑛ニ/仲村トオル/吉岡秀隆/瑛太/永瀬正敏/三浦友和ほか"
  • HS

    HS 2年前

    うわ、地域発ドラマ、また凄そうなのやる!!18日、山口発、タイトルは朗読屋、吉岡秀隆市原悦子、監督は荻上直子!!"
  • 2年前

    尾崎豊の息子、尾崎豊にかぶれてたころの吉岡秀隆のようだ"
  • non

    non 2年前

    BSで朗読屋って言うドラマ始まるけど吉岡里帆出るね主役が吉岡秀隆で吉岡繋がりだな"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 280

タレント一覧

タレント偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング