吉原宏太の出身高校

吉原宏太

吉原宏太 サッカー選手

吉原 宏太(よしはら こうた、1978年2月2日 - )は、大阪府藤井寺市出身の元プロサッカー選手。ポジションはフォワード。元サッカー日本代表。

初芝橋本高校のエースとして、第74回全国高校サッカー選手権に出場。同大会開幕前までにどのチームとも契約に至っておらず、本人はこの大会を「就職活動の場」と語っていた。結果的にこの大会でチームをベスト4に導き、自身も得点王に輝いたことで卒業後、1996年当時ジャパンフットボールリーグでJリーグ昇格を争っていたコンサドーレ札幌に入団。同期入団に吉成大がいる。1997年は出場試合数こそ15試合にとどまったが、5月18日の大塚製薬(現・徳島ヴォルティス)戦で自身初のハットトリックを達成するなど札幌のJリーグ昇格に貢献。そしてチームも自身も初のJリーグ挑戦となった1998年、3月21日の清水エスパルス戦にてJデビューを果たす。しかし、1999年のJ2開幕に向けた残留争いのルールが、同年に遅れてJリーグに参入した札幌にとって不利な条件だったこともあり、札幌は翌年からJ2での戦いを余儀なくされてしまう。その1999年、札幌に残留した吉原は5月2日のヴァンフォーレ甲府戦でハットトリックを達成するなど順調に得点を重ね、J2所属にもかかわらずフィリップ・トルシエ監督が指揮するU-22オリンピック代表に選出される。また、中山雅史が大会直前のアルゼンチン合宿で負傷離脱したためコパ・アメリカ(南米選手権)に追加招集、7月2日のパラグアイ戦にて唯一のフル代表キャップも記録している。このシーズンは自身は代表での離脱がありながらも15得点を記録したもののチームは昇格を逃したためJ1でのプレーを希望、オファーがあり故郷にも近いガンバ大阪に移籍した。

G大阪移籍後、初年度は似たプレイスタイルのFWである小島宏美がいた事もあり目立った活躍はできなかったが、2001年、2002年はマグロンとのコンビで2年連続二桁得点を記録するなどコンスタントな活躍をみせる。だが2003年からは、大黒将志が台頭、また翌年以降も新たに加入したフェルナンジーニョ、アラウージョらの牙城を崩すことが出来ず控えに回ることが多くなり、また西野朗監督との意見の相違もあり出場機会が激減。出場機会を求めて2006年からは大宮アルディージャに移籍した。大宮では2007年に5得点をあげチーム得点王になるものの、負傷の影響もあり期待された活躍をすることは出来なかった。

2008年シーズンをもって大宮から戦力外通告を受け移籍リストに掲載され、2009年、水戸ホーリーホックへの加入が2月18日に発表された。 水戸では移籍1年目から活躍。数少ない日本代表経験者として精神的にもチームを支えていたが、2010年のシーズン終盤に左アキレス腱断裂の大怪我を負う。翌シーズンの8月に復帰するものの、11月には肋骨骨折と肺挫傷の怪我を負い再び戦線離脱した。 2012年には戦列に復帰するものの本来のプレーを見せることが出来ず、同年限りで退団。自身の35歳の誕生日である2013年2月2日に現役を引退すると発表した。

2013年より、株式会社クラッキから派遣という形で、古巣のコンサドーレ札幌のスクールコーチに就任。コンサドーレ札幌公式情報番組「WEEKLY CONSADOLE」(スカパー!)MC。

ユース経歴

プロ経歴

その他の公式戦

ガンバ大阪

吉原宏太の出身高校

吉原宏太出身高校
初芝橋本高校 偏差値 和歌山県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
463位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1978年2月2日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング