古川緑波の出身高校

古川緑波 タレント

古川 緑波(ふるかわ ろっぱ 、1903年8月13日-1961年1月16日)は、編集者、エッセイスト、日本の戦前を代表するコメディアン。古川ロッパとも表記されることが多い。本名は古川 郁郎(ふるかわ いくろう)。男爵加藤照麿の六男として生まれ、古川家の養子となる。早稲田大学英文科在学中に菊池寛に招かれ、株式会社文藝春秋 文藝春秋社に雑誌『映画時代』の編集者として入社。「緑波」の名はこの時筆名として使われたのが始め。雑誌休刊後、元来から定評のあった宴会での余興芸の延長上で、1926年に親交のあった活動弁士徳川夢声らと「ナヤマシ会」を結成し演芸活動を開始。声帯模写が好評を博した。さらに菊池寛、小林一三の勧めで喜劇役者に転向、1933年浅草で夢声らと劇団「笑(わらひ)の王国」を旗揚げ(ちなみに座付作家は後に『君の名は』の作者として知られる菊田一夫)。

古川緑波の出身高校

古川緑波出身高校
早稲田高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
タレントランキング
95位 / 2188人中 タレント別偏差値ランキング
性別
女性

古川緑波の関連人物

タレント偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

古川緑波の評判・つぶやき

  • 青空文庫から抜粋するbot 3年前

    ビフテキは、先ず、運ばれた皿が嬉しかった。藍染附の、大きな皿は、ルイ王朝時代のものを模した奴で、これは、戦後の作品ものではない。疎開して置いたものに違いない。この皿は、昔のまんまだ、少くとも、これだけは。\"古川緑波『神戸』"
  • よしを 3年前

    古川緑波だ"
  • 本と食べ物bot 3年前

    甘いシャムパンと、赤白の葡萄酒の、ほろ酔いである。甘い酒は、かおが酔いますね。頬っぺたが、くすぐったくて、眼がボーッとなる。そこへ葉巻を吸うでしょう? おなかは張っているし――いい心持。(『ロッパの悲食記』古川緑波)"
  • 佐藤 剛(sato go) 3年前

    古川緑波によると、アチャラカの語源は、最初は西欧流、すなわちモダン・ハイカラを意味する「アチラ」と言う言葉が「アチャラ」となり、西洋風がアチャラ風となり、次第に、ドタバタのギャグを意味する言葉に変わっていたという。"
  • 谷畑聡 3年前

    古川緑波の随筆を読み耽る。すっかり影響されて浅草まで洋食を食いに行きたくなる。ヨシカミ、ぱいち。そういえば神戸の洋食も恋しい。バレンシア、ゲンジ…。下北沢のマックも懐かしい。正月だというのに。"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 44

古川緑波の関連著書

タレント一覧

タレント偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング