古川侑利の出身高校

古川侑利出身高校
有田工業高校 偏差値
佐賀県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3373位/4491人中(プロ野球選手)
性別
男性
生年月日
1995年9月8日生まれ
プロ野球選手別偏差値ランキングを見る

古川 侑利(ふるかわ ゆうり、1995年9月8日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(投手)。

佐賀県武雄市出身。武雄市立武内小学校3年の時に、高校球児であった父親の影響を受け、投手として野球を始めた。武雄市立武雄北中学校では投手・三塁手として佐賀県大会に出場。

佐賀県立有田工業高等学校では、1年の夏よりベンチ入りし、2年の秋よりチームのエースとなった。2年(2012年)の秋の佐賀県大会では、準々決勝で佐賀県立神埼清明高等学校に敗れ、その反省から体力強化をした結果、ストレートの球速が10km/hほど上がり、変化球のコントロールも良くなった。そのことにより三振を奪えるようになり、3年(2013年)の5月から6月にかけて行われた第60回NHK杯佐賀県高等学校野球大会では、決勝戦で敗北したものの、40回2/3を投げ40奪三振を記録した。

3年夏の佐賀県大会では、2回戦の龍谷高等学校戦・3回戦の佐賀県立佐賀西高等学校戦・準々決勝の神埼清明戦・準決勝の佐賀県立佐賀工業高等学校戦・決勝の早稲田佐賀高等学校戦の全5試合(47回47奪三振)で1点差の完投勝利を挙げ、チームは学校創立114年目にして初の甲子園出場を果たした。

同年夏の甲子園の1回戦となる大垣日本大学高等学校戦では、5回までに3失点したもののチームは逆転し、古川は相手の最後の打者に対し自己最速148km/hのストレートで三振を奪い試合に勝利した。2回戦となる常葉学園菊川高等学校戦では、公式戦初となる被本塁打を喫し、4回までに5失点でチームは敗北した。3年夏の大会では都合7試合935球を投げた。9月にはプロ野球志望届を提出し、東北楽天ゴールデンイーグルス(楽天)など8球団から調査書が届き、打者として評価する球団もあると報じられた。

2013年10月24日に行われたドラフト会議では、楽天から4位で指名された。古川は有田工業高校出身者では初のプロ野球選手となる。11月14日に契約交渉を行い、契約金3000万円、年俸600万円で仮契約し、12月9日には、背番号が60と決まった。楽天からは「3、4年後の右(投手)の軸」として期待されている。

ストレート、スライダー、チェンジアップを持ち球としている。中でも、スライダーについては「キレのある」と評価されている。高校の野球部引退後には、野球部監督の植松幸嗣の助言によりフォークボールの習得に挑戦した。2015年の2軍で、ストレートは自己最速153km/hをマークした。

高校2年までは、マウンド上で不満げな表情をすることがあったが、高校3年夏の佐賀県大会では表情を全く変えず、マウンド度胸がプロに評価されるようになった。

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング