古川タクの出身高校

古川タク

古川タク クリエイター

古川 タク(ふるかわ たく、本名:古川 肇郁(ふるかわ ただいく)、1941年9月25日-)は、三重県上野市出身の日本の男性アニメーション作家、イラストレーター、絵本作家である。三重県立上野高等学校、大阪外国語大学イスパニア語学科卒業。日本アニメーション協会理事。アニメーションからイラスト、漫画と活躍は多岐に渡る。個人製作によるシンプルな画風ととぼけたユーモアのアニメーションで世界的な評価を受けた。線画タッチの作品が多いのはソウル・スタインバーグの影響。日本では日本放送協会 NHKの『みんなのうた』で定期的に作品を発表の場とした。技法の面では、1830年代初頭のヨーロッパで発明されたアニメーションの元祖ともされる「フェナキスティスコープ(Phenakisti-Scope)」を復興。絵を描いた円盤を回転させる原理というは分かっていたものの、具体的な製作方法が不明だったフェナキスティスコープを試行錯誤の末に再現することに成功して、1974年に「おどろき盤」と名付けた。これを用いたアニメ『驚き盤』で、1975年にアヌシー国際アニメーション映画祭審査員特別賞を受賞した。フェナキスティスコープ、ゾートロープを用いたジャンルでは第一人者である。

古川タクの出身高校

古川タク出身高校
上野高校 偏差値 三重県高校偏差値ランキング
クリエイターランキング
71位 / 181人中 クリエイター別偏差値ランキング
性別
男性

古川タクの関連人物

クリエイター偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


古川タクの関連著書

クリエイター一覧

クリエイター偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング