又吉克樹の出身高校

又吉克樹 プロ野球選手

又吉 克樹(またよし かつき、1990年11月4日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(投手)。

沖縄県浦添市出身。仲間ジャイアンツで軟式野球を始め、浦添中でも軟式野球部に所属。

西原高校時代は、セカンドが本職であったが、コントロールが良いことから打撃投手を任命される。当初は上から投げていたが、毎日200球近く投げるうち現在のフォームに。西原高時代に甲子園出場は無し。

環太平洋大学に進学。入学時のストレートは110キロ台であった。高校時代160センチ台であった身長は10センチ近く伸び、体重も10キロ増え、球速も138キロに伸びていった。

独立リーグ・四国アイランドリーグplusのトライアウトを受験し合格。2012年12月13日に香川オリーブガイナーズ入団が発表され、背番号は「21」に決まった。入団1年目ながら、キレのあるストレートとスライダーなどを武器にエースとして活躍、2013年シーズンの成績は13勝4敗、防御率1.64で最多勝のタイトルを獲得。球速は148キロに急成長を遂げた。前期の優勝争いが佳境にあった6月22日の対高知ファイティングドッグス戦では8回2死まで走者を許さない投球を見せ、リーグ初の完全試合は逃したものの、島袋翔伍のサヨナラ本塁打で1安打無四球完封勝利を挙げ、前期優勝を引き寄せた。観戦していた中日ドラゴンズの正岡真二スカウトは、後述のドラフト指名後に「最も印象に残った試合」と述べている。

2013年10月25日、プロ野球ドラフト会議では、11球団から調査書が届く中、中日ドラゴンズより2位で指名され、契約金6000万円、年俸840万円(推定)で仮契約した。2位指名は、過去にアイランドリーグからドラフト指名を受けた選手の中で最高順位であった。

2014年はオープン戦で結果を残したことでルーキーイヤーから開幕一軍を勝ち取り、3月29日の対広島東洋カープ戦で先発大野雄大の後を受け、7回2点ビハインドから2番手としてプロ入り初登板。先頭の石原慶幸を空振り三振に打ち取り7回は三者凡退、続く8回も三者凡退と2回を無失点に抑えた。4月6日対読売ジャイアンツ戦、8回2点リードから登板しホセ・ロペス、坂本勇人に連打されたものの無失点に切り抜け初ホールドを記録した。4月10日対東京ヤクルトスワローズ戦に4番手として7回1点リードから登板し、雄平に右中間へ同点ソロホームランを打たれ、これがプロ入り初の被本塁打、ホールド機会での救援失敗となった。4月17日対横浜DeNAベイスターズ3回戦(ナゴヤドーム)にて9回1点ビハインドから登板、白崎浩之に二塁打を打たれたが無失点に切り抜けると、裏にエクトル・ルナのタイムリーツーベースで同点に追いつくと、平田良介がライトへサヨナラタイムリーヒットを放ち救援投手としてプロ初勝利を挙げた。アイランドリーグからドラフト会議を経てNPB入りした投手が公式戦で勝利を挙げたのは、福岡ソフトバンクホークスの金無英(元福岡)に次いで2人目で、日本人では初めてである。 またこの日、ともに新人の西武の豊田拓矢とオリックスの東明大貴もプロ初勝利を挙げており、新人の投手が3人同日に初勝利を挙げたのは59年ぶりの記録となった(3人同日の初勝利では2年ぶり)。5月2日対北海道日本ハムファイターズ戦、3番手として6回1点リード二死三塁から登板し大引啓次を空振り三振に打ち取る。7回には一死走者なしからプロ入り初の打席に立ち、石井裕也からセンターへヒットを放った。裏もそのまま登板したが先頭の陽岱鋼にレフトスタンドへ同点のソロホームランを浴び、続く中田翔は空振り三振に打ち取ったものの途中降板となった。7月5日対読売ジャイアンツ11回戦(東京ドーム)では5番手として10回裏同点から登板し、長野久義にセンターへサヨナラ打を許しプロ入り初の敗戦投手となった。8月17日対東京ヤクルトスワローズ戦、8回1点リード二死一二塁から登板しウラディミール・バレンティンを外角のスライダーで空振り三振、続く9回も三者凡退に打ち取り、プロ入り初セーブを記録した。9月6日から9月14日、9月16日から9月25日に二度の4試合連続ホールドを記録した。シーズンは67試合に登板(リーグ2位)、防御率2.21、9勝1敗2セーブ24ホールド。9勝は全て同点または1、2点ビハインドから登板した救援勝利で先発の勝利を消すものは1つもなかった。新人王争いでは得票数で大瀬良大地に次ぐ2位だった。

オフの10月11日に、ドミニカ共和国のウィンターリーグであるリーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・ラ・レプブリカ・ドミニカーナのティグレス・デル・リセイに参加する事が発表された。10月17日から11月30日まで17試合に登板、0勝2敗4ホールド、防御率1.69と好成績を残し、12月5日に帰国した。帰国後の12月20日、契約更改に臨み、前年度から3160万円アップとなる推定年俸4000万円でサインした。

2015年2月16日に、「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の日本代表に選出された事が発表され、トップチームに初めて招集された。7月16日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出された事が発表された。

サイドスローから投げる、最速151km/hのストレートと、キレのあるスライダーが武器。 イニング数を大きく上回る奪三振数が魅力。2014年シーズンの9イニング換算の奪三振率は11.51で、200人以上の打者と対戦した投手ではリーグトップとなっている。

友利結投手コーチからは「又吉が投げると勝てる雰囲気がある。テンポがいいし三振が取れる。野手も気持ちが入って打てるんじゃない?」と評され、「怪盗ルパン。相手から勝ち星を盗んで逃げていく」というニックネームを付けられた。

憧れの投手は、東京ヤクルトスワローズの館山昌平。

おおらかで物怖じしない明るい性格。試合中はよく野手にも声をかけ、時にマウンドでも笑顔を見せる。契約金について感想を聞かれ「天文学的数字で実感が無い」。

ドラフト会議の際、会場に「記者会見のスポンサー企業」(香川オリーブガイナーズの支援企業の一つ)である、かどや製油のごま油が置かれ話題となる。

女優の大村沙亜子は従姉妹。

又吉克樹の出身高校

又吉克樹出身高校
西原高校 偏差値 沖縄県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
4160位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1990年11月4日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング