原裕太郎の出身高校

原裕太郎 プロサッカー選手

原 裕太郎(はら ゆうたろう、1990年4月23日 - )は、島根県簸川郡斐川町(現出雲市)出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ロアッソ熊本所属。

小学2年生からサッカーを始める。荘原小SSS時代にGKとして全日本少年フットサル大会出場を果たしている。

その後サンフレッチェくにびきジュニアユースに所属、公式戦ではGKとしてプレーしていたが、この時期の練習ではほとんどMFとしてプレーしていた。2005年中学3年時から同級生の岡本知剛とともに広島ユースに早期昇格する。中山雄登は広島ユースの1年後輩にあたる。広島県立吉田高等学校に入学、高校2年の夏ごろから兼田亜季重を押しのけ正GKとしてレギュラーをつかみ、2007年日本クラブユース選手権3位、高円宮杯準優勝などに貢献した。

また、2006年、2007年にはU-17代表の第3GKとしてAFC U-17選手権2006、FIFA U-17ワールドカップに登録された。

2008年、高校3年時にトップへ2種登録。同年6月、下田崇・木寺浩一と相次ぐ怪我による離脱に伴い、初ベンチ入りを果たす。その後2ヶ月間すべてトップチームでベンチ入りを果たしたが、中林洋次を補強したことによりベンチ入りからは外れた。また、ユースではゲームキャプテンを務めた。

2009年、トップに昇格。くにびきジュニアユースから初のトップ昇格選手。下田および佐藤昭大の怪我による離脱に伴い第2GKとしてベンチ入り。6月3日のナビスコカップグループA第5節大分トリニータ戦に於いて若手中心で起用されることとなりプロデビュー。7月3日の第16節ジュビロ磐田戦(0-1)では中林の負傷に伴い念願のリーグ戦デビューを果たす。以降は事実上第3GKとして登録されていた。

2010年以降は西川周作の加入によって第3GKとなっていたが、2013年5月6日の第13節大宮アルディージャ戦(1-2)で、増田卓也と大宮FW富山貴光が激突し増田が救急車で運ばれたことにより途中出場し、実に4年ぶりとなるリーグ戦出場を果たした(なおこの試合では負傷した西川に代わり増田が出場したためベンチ入りを果たしていた)。

2014年12月、ロアッソ熊本へ完全移籍した。シーズン当初は主力GKとして出番を掴んだが、シュミット・ダニエルの加入により出場機会を失った。

原裕太郎の出身高校

原裕太郎出身高校
吉田高校 偏差値 愛媛県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
794位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1990年4月23日生まれ

原裕太郎の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング