原田督三の出身高校

原田督三 プロ野球選手

原田 督三(はらだ とくぞう、1919年8月28日 - 1976年3月30日 )は、愛知県出身のプロ野球選手、野球解説者。ポジションは外野手。1948年~1955年まで原田徳光の登録名でプレー。

中京商業学校から明治大学・東洋産業を経て、1948年中日ドラゴンズへ入団。1年目から主力選手として活躍。3年目には初の打率3割到達。1953年8月17日の巨人戦で中日選手初のサイクルヒットを記録。1954年には2番ライトの定位置でチーム初の日本一に貢献した。1958年に引退。

その後は中日コーチ、東海ラジオ放送プロ野球解説者兼同局スポーツ課長などで活躍し「ホトケのトクさん」の愛称で親しまれた。しかし晩年は健康に恵まれず1971年(昭和46年)に解説者を引退。以降は定年退職まで同局で勤めた。1976年56歳で敗血症により死去。

強肩の持ち主で、1950年はシーズン21補殺を記録(2010年現在の球団記録)。またポジショニングがうまく、千葉茂が「原徳(はらとく)さえいなければ、俺は生涯打率3割だった」と語っていたという(実際の打率は0.284)。

原田督三の出身高校

原田督三出身高校
中京大学附属中京高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1022位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1919年8月28日生まれ

原田督三の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング