原民喜の出身高校

原民喜

原民喜 作家

原 民喜(はら たみき、男性、1905年11月15日 - 1951年3月13日)は、日本の小説家、詩人。1905年11月15日に広島県広島市で生まれる。1923年広島高等師範学校付属中学(現・広島大学附属中学校・高等学校 広島大学附属高等学校)四年を終了し、大学予科の受験資格が与えられた為に一年間登校せず、ロシア文学を愛読し、宇野浩二に傾倒。詩作を始め、室生犀星、ヴェルレーヌの詩を耽読。1926年、辻潤、スティルネルに惹かれる。一時左翼運動へ関心を高めるが、次第に離れていった。1933年に慶応義塾大学英文科を卒業。相当の身代金を出し、本牧の女性を自由にしてやり、一ヶ月間同棲をするも、裏切られた為にカルモチン自殺を図るが失敗する。1933年佐々木基一の姉、永井忠恵と結婚。1936年以降旺盛だった創作力が1939年の妻の発病により衰える。1944年妻が糖尿病と肺結核の為死去。1945年8月6日に広島市に原爆が投下され、生家で被爆する。幸い厠に居た為、一命を拾ったものの、以後原爆症とはいえぬが、健康は優れぬときが多くなる。この被爆体験を美しく冷静な文体で『夏の花』に著し、高い評価を受ける。1951年3月13日午後11時30分、中央本線 中央線吉祥寺駅、荻窪駅間の線路に横たわり、自殺を遂げる。「もし妻が死んだら一年間は生きていよう。悲しく美しい一冊の詩集を書き残す為に。」と語った彼が皮肉にも愛妻の一周忌を迎える前に被爆し、それによって被爆の惨劇を残さねばならないという使命感が動き、1951年まで生きながらえた。亡くなる数年前にU子という少女に出会い、遠藤周作らと共にハイキングに行くなどした。当時の事を彼は遠藤周作宛の最後の手紙に「2年前は楽しかったね。」と書いた。その時、氏は「僕は雲雀です」と呟いた。

原民喜の出身高校

原民喜出身高校
広島大学附属高校 偏差値 広島県高校偏差値ランキング
作家ランキング
25位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
190
生年月日
1905年11月15日生まれ

原民喜の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

原民喜の評判・つぶやき

  • 歌子

    歌子 3年前

    まぁ,スキャンダルってほどじゃ無いけどね。原民喜の顔が私好み〜ってとこでテンション上がりました。 "
  • よしおか

    よしおか 3年前

    カミカミ15分枠朗読  Kindle版 原 民喜 全集から / 夢 "
  • 青空文庫bot

    青空文庫bot 3年前

    原民喜 少年 空地へ幕が張られて、自動車の展覧会があった。誰でも勝手に這入れるので、藤一郎もいい気持で見て歩いた。ピカピカ光るお腹(なか)や、澄ました面(つら)した自動車を見ると、藤一郎の胸にはふん... #青空文庫"
  • fffともろー

    fffともろー 3年前

    原民喜『幼年画』(サウダージ・ブックス)を読んだ。まさか現代にこの著者の初期作品が単行本で読めるとは!子どもから見た映像的な描写が印象的。誰もが通ってきた幼年期。"
  • 高等遊民(Z)

    高等遊民(Z) 3年前

    @3x92 原民喜の『水ヲ下サイ』のパロディ"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 23

原民喜の関連著書

作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング