千田啓介の出身高校

千田啓介 プロ野球選手

千田 啓介 (せんだ けいすけ、1943年6月28日 - )は、愛媛県出身の元プロ野球選手。ポジションは遊撃手。

松山商では1961年、3年の時に三塁手として、2年生エース山下律夫を擁し夏の甲子園に出場。2回戦で報徳学園に敗れる。

1962年に読売ジャイアンツへ入団。1966年から一軍に定着し、黒江透修の控え遊撃手としての役割を果たす。1970年に川藤龍之輔との交換トレードでロッテオリオンズへ移籍。広瀬宰とレギュラー遊撃手を争い、同年は116試合に出場してリーグ優勝に貢献した。1971年は打撃不振に陥り広瀬に定位置を譲るが、翌年には復活。1974年にはオールスターゲーム初出場を果たすが、飯塚佳寛の台頭により出場機会が段々と減り、1978年限りで引退。

引退後はロッテオリオンズの三塁コーチを1986年まで務めた後に退団。マスターズリーグの札幌アンビシャスの選手として参加していた。現在は少年野球チーム「北総ボーイズ」の監督を務めている。

千田はしばしば「史上最短距離の本塁打を打った打者」として名前があがることがある。それは1972年7月4日の大阪球場にて行われた南海対ロッテ戦において、2回の表に千田が打った三塁ゴロが、ベースの手前で大きく弾んで三塁手の頭を越え、左翼手がこの打球を追っている間にランニングホームランとなってしまったものである。

千田啓介の出身高校

千田啓介出身高校
松山商業高校 偏差値 愛媛県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2028位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1943年6月28日生まれ

千田啓介の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


千田啓介の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング