北岡幸浩の出身高校

北岡幸浩 スポーツ選手

北岡 幸浩(きたおか ゆきひろ、1982年11月2日 - )は、日本の陸上競技元選手・現指導者。専門種目は長距離走・マラソン。2010年広州アジア競技大会男子マラソン銀メダリスト・2011年世界陸上大邱大会男子マラソン日本代表。奈良県山辺郡都祁村(現・奈良市)出身。

智弁学園高等学校・東洋大学卒業。NTN陸上競技部所属。

智弁学園高校(奈良県五條市)在学時代、全国高校駅伝競走大会に3年連続出走を果たしている(1年・3区36位、2年・1区49位、3年・1区19位)。東洋大学(東京都文京区)在学時代、箱根駅伝競走へ過去2度出走。2年時の第79回箱根駅伝は4区・区間6位、4年時の第81回箱根駅伝は2区・区間8位の成績を残している。

大学卒業後は実業団のNTN(三重県桑名市)に入社、同陸上部に入部。2009年10月バーミンガムで開催された世界ハーフマラソン選手権に日本男子代表として出場、1時間02分50秒の記録で21位となった。2010年3月7日のびわ湖毎日マラソンで初マラソンに挑戦し、2時間10分51秒の記録で4位となった。この結果を受けて2010年アジア競技大会男子マラソンの日本代表に選出された。

2010年11月27日の広州アジア大会男子マラソンでは30kmまで先頭集団につけて進み、スパートして一時先頭に立った。その後池永駿とムバラク・ハッサン・シャミに置いていかれて3番手になったが、ゴール直前でシャミを逆転して2時間12分46秒の記録で2位に入り、銀メダルを獲得。この好成績により、2011年世界陸上競技選手権大会の男子マラソン日本代表に内定した。

しかし2011年9月4日開催の世界陸上大邱大会男子マラソンでは、故障の影響で充分に練習を積めないまま本番レースを迎える事となり、9Km過ぎで先頭集団から早々脱落。完走はしたが日本男子では最下位の38位に終わった(団体戦では銀メダルを獲得)。翌2012年3月4日のびわ湖毎日マラソンで、ロンドンオリンピック男子マラソン日本代表を目指し再挑戦するも、59位の惨敗だった。

2014年6月7日、モンゴルのウランバートル国際マラソンで2位に入るも、同NTN所属選手でモンゴル出身のセルオド・バトオチル(2時間18分23秒・優勝)には9分以上遅れてのゴールだった。2015年3月1日、一般参加で出場したびわ湖毎日マラソンでの完走(74位)を最後に現役引退を表明。引退後はNTN陸上部のコーチに就任し、後進への指導を担当中。

北岡幸浩の出身高校

北岡幸浩出身高校
智辯学園高校 偏差値 奈良県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
366位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1982年11月2日生まれ

北岡幸浩の関連人物

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング