加賀繁の出身高校

加賀繁

加賀繁 プロ野球選手

加賀 繁(かが しげる、1985年4月13日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(投手)。埼玉県川越市出身。

ゲーム「がんばれゴエモン」の主人公に風貌が似ているという理由で、チームメイトからは「ゴエモン」の愛称で呼ばれる。

埼玉平成高時代は三塁手、投手であり、甲子園出場経験はなかった。

関甲新学生野球連盟の上武大学に入学後に投手に転向、石川俊介(元阪神)と共に活躍。大学4年の秋季リーグではMVPを獲得した。

大学卒業後は住友金属工業に入社、野球部に所属。1年目は春のJABA四国大会でチーム優勝に貢献しMVPを獲得した。第79回都市対抗野球大会に日立製作所の補強選手として初出場し、リリーフで登板。第35回社会人野球日本選手権では先発登板したが、3イニングを被安打5、4失点。翌年も第80回都市対抗野球大会に富士重工業の補強選手として2年連続出場するが登板機会は無し。

2009年10月29日、プロ野球ドラフト会議で、横浜ベイスターズの2位指名を受け入団。11月16日に契約金8000万円、年俸1200万円(金額は推定)で契約した。

4月25日の対東京ヤクルトスワローズ戦に先発し、5回1失点でプロ初勝利を挙げ、初のお立ち台に立っている。 その後も先発ローテーションの一角として活躍し、最後までローテーションを守り抜いたが、打線の援護に恵まれず、防御率が3点台半ばの好成績でありながら、3勝12敗と大きく負け越した。10月には台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表に選ばれた。

牛田成樹が開幕前に離脱した影響もあって中継ぎへ転向した。その後、牛田の復帰後に再び先発に戻ったが、6月25日に右肩痛で登録を外れ、9月に復帰し、前年を上回る4勝をマーク。

牛田と江尻慎太郎の離脱によりこの年も開幕から中継ぎで起用され、61試合で防御率2.86と安定した成績を残した。オフの11月6日に、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表が発表され代表入りした。

開幕直前に先発投手陣が手薄なことから、先発への再転向という話も出たが、結局中継ぎで起用された。しかし調子が上がらず、右のワンポイントやビハインドの場面での登板が目立つようになる。8月に不調で1度登録を抹消され、前年を下回る成績に終わった。

過去に何度か持ち上がっていた、先発への再転向をするが3試合で防御率10.80と結果を出せず、結局中継ぎに戻ることになった。中継ぎに戻った後は昨年同様、右のワンポイント中心に起用され、救援成績は34試合の登板で25回を投げ、2勝・13ホールド・防御率1.80・WHIP0.92と安定した成績を残した。

開幕直後はまずまずのピッチングを続けていたものの、4月12日の中日ドラゴンズ戦でエクトル・ルナにサヨナラタイムリーを打たれると調子を崩し2軍落ちをした。再昇格をするも、6月4日の福岡ソフトバンクホークス戦で1回4失点と炎上してしまい、その後の1軍登板はなかった。

深く沈み込むような独特のサイドスローから投げる平均球速138km/h、最速146km/hのストレートとスライダー、シンカーが持ち味、稀にフォークを投げる。右打者に対してはスライダーが効果的で無類の強さを発揮する一方、2011年以降は被打率が悪化している左打者に対しての投球が課題である。

加賀繁の出身高校

加賀繁出身高校
平成高校 偏差値 秋田県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3481位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1985年4月13日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング