加賀健一の出身高校

加賀健一

加賀健一 プロサッカー選手

加賀 健一(かが けんいち、1983年9月30日 - )は、秋田県潟上市(旧南秋田郡天王町)出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー及びミッドフィールダー(本職はセンターバック(CB))。Jリーグ・浦和レッズ所属。

10歳の時にサッカーを始める。1999年、秋田商業高校に進学。高校2年生の時にFWからDFにコンバートされた。当時は専ら3バックの中央を務め、1対1の強さと攻撃参加を売りにしていた。

2002年にジュビロ磐田に入団。サテライトではスピードを活かし右のストッパーとして活躍していたが、トップチームで同ポジションを務めていた鈴木秀人からポジションを奪うことができなかった。

出場機会を求めて、2005年よりコンサドーレ札幌へと期限付き移籍。札幌では、後に磐田でも指揮を執る柳下正明監督の下でレギュラーとして活躍し、2シーズンの間、CBの主軸としてプレー。右サイドのウイングバック(WB)でも起用された。

札幌での活躍と成長が磐田側に評価され、2007年から3シーズンぶりに磐田に復帰。CBの他、4バック時には右サイドバック(SB)として起用され、後方からの攻撃参加に抜群のスピードを発揮した。同年9月30日、自身の誕生日に入籍。2010年はセンターバックのレギュラーとして活躍していたが、同年7月に富山との練習試合中に相手選手のキックを顔面に受けて頸椎骨折の大怪我を負い、長期離脱を余儀なくされた。約半年間のリハビリを経て、2011年の開幕戦より戦線復帰。同年のナビスコカップ福岡戦ではハーフライン付近からのロングボールがそのままゴールとなり 4年ぶりの得点を挙げた。同年末、FC東京や川崎などから獲得のオファーを受ける。

2012年よりFC東京へ完全移籍。退団した今野泰幸の穴を埋めるべく、主に右CBでプレー。韓国代表DFチャン・ヒョンスらとポジションを争った。SBもこなすスタイルから、ランコ・ポポヴィッチ監督からはイタリアのDFクリスティアン・パヌッチに例えられていた。2014年は開幕から好調を維持するも、J1第4節川崎戦で安柄俊からの肘打ちを頸部に受け 離脱。復帰後も同箇所 やハムストリング近位挫傷 と負傷が続いた。同年限りでFC東京との契約を満了し 退団。年長選手も遠慮なしにいじるムードメーカーとしても 親しまれていた。

2015年に浦和レッズへ完全移籍。

その他の国際公式戦

加賀健一の出身高校

加賀健一出身高校
秋田市立秋田商業高校 偏差値 秋田県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
494位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1983年9月30日生まれ

加賀健一の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング