加藤順大の出身高校

加藤順大 プロサッカー選手

加藤 順大(かとう のぶひろ、1984年12月11日 - )は、埼玉県上尾市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・大宮アルディージャ所属。ポジションはゴールキーパー(GK)。

西上尾イレブンから大宮FCまでは前半はGK後半はFWの二刀流プレイヤーとして出場していた。2003年に浦和ユースからトップチームに昇格を果たす。2006年5月21日に埼玉スタジアム2002で行われたナビスコカップのグループリーグ第6節、横浜FM戦で公式戦デビューを果たした。2010年には、ナビスコカップの予選リーグ全6試合で先発フル出場を果たした。

長年に渡り都築龍太と山岸範宏の控えだったが、2011年6月11日にNACK5スタジアムで行われたJ1第14節、大宮とのさいたまダービーでトップ昇格9年目にして初のリーグ戦先発フル出場を果たした。この試合以降山岸から正GKを奪取した。リーグ戦プロ2戦目となったJ1第15節、広島戦の試合前に初めて浦和のサポーターは加藤へ対する応援歌を歌った。震災の影響で7月23日に行われたJ1第6節の甲府で相手選手をペナルティーエリア外でファウルしてしまい、プロ入り初のレッドカードを受けた。1試合の出場停止処分が明けたJ1第19節、川崎戦で再び先発に復帰。以降はナビスコカップ、天皇杯の一部の試合を除き先発出場を続け、最終的に公式戦32試合に出場を果たしたが、最終節の柏レイソル戦では茨田陽生のミドルシュートを後逸する痛恨のミスを犯してしまい、結果的に柏の初優勝をアシストする格好となった。

2012年9月29日に国立競技場で行われたJ1第27節柏戦のロスタイムに、矢島慎也めがけ約50メートルのスローイングを投げそこからポポの得点に繋がり勝利に貢献した。この年はミハイロ・ペトロヴィッチ新監督の就任によりGKにも組立への参加が要求されたことで自身の持ち味を最大限に発揮。リーグ戦全試合に出場し、守護神として一本立ちした。

2013年も引き続きレギュラーとしてプレーしたが、中盤戦になると失点が増加。ミスも目立つようになり、終盤戦は山岸に定位置を譲った。 2014年は、西川周作の加入により出場機会が激減。出場機会を求め、オフに大宮アルディージャへ完全移籍した。

加藤順大の出身高校

加藤順大出身高校
大宮東高校 偏差値 埼玉県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
660位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1984年12月11日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング