児玉隆也の出身高校

児玉隆也 ジャーナリスト

児玉 隆也(こだま たかや、1937年5月7日 - 1975年5月22日)は日本のジャーナリスト。兵庫県芦屋市生まれ。

9歳のときに画家だった父を失い、母に育てられる。芦屋市立芦屋高等学校を卒業後、早稲田大学第二政経学部に入学。21歳のときに岩波書店の月刊総合誌「世界」の懸賞原稿に入選する。

卒業する1年前から光文社の女性週刊誌「女性自身」の編集部でアルバイトをはじめ、卒業後入社。引き続き同誌編集部に籍を置く。

1972年2月に同社を退社してフリーとなる。

1974年「文藝春秋」編集長の田中健五に起用され、11月特別号の田中角栄に関する大特集のうち、「田中角栄研究-その金脈と人脈」(立花隆)とともに掲載された「淋しき越山会の女王」で越山会の金庫番である佐藤昭と田中の関係及び田中派内での佐藤の影響力について執筆して一躍有名となるものの、その頃すでに肺癌に侵されており、翌1975年5月に死去。

児玉隆也の出身高校

児玉隆也出身高校
芦屋高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
ジャーナリストランキング
47位 / 60人中 ジャーナリスト別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1937年5月7日生まれ

児玉隆也の関連人物

ジャーナリスト偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


ジャーナリスト一覧

ジャーナリスト偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング