倉本昌弘の出身高校

倉本昌弘 スポーツ選手

倉本 昌弘(くらもと まさひろ、1955年9月9日 - )は、広島県広島市三篠町(現・西区 (広島市) 西区三篠町)出身のゴルフ プロゴルファー。日本大学卒業。身長164㎝、体重66kg。「AON」とともに、1980年代のゴルフブームを興した名選手である。生家は地元広島の老舗の有名料亭。祖父はいけばな 生け花の師範という恵まれた環境に育った。しかし虚弱体質で学校もよく休み、多くの病院を回ったり、治療のため東京まで行って入院したりするような子供だった。ゴルフを始めたのは10歳・小学校5年の時、父がゴルフに行きたいがためのダシに使われた。日本のプロゴルファー第1号、福井覚治の子・福井康雄が広島に移り、ゴルフレッスンを始めた事を機に師事した。しかし一番ゴルフを教えてくれたのは、叔父(倉本泰信の父)と言う。両親とも店の仕事が忙しく学校だけは、市内中心部に通い、郊外に住む祖父夫婦に育てられた。このため我儘放題で、さらに練習は名門・広島カンツリー倶楽部に所属したため、子供の時に友達と遊んだ記憶は一つも無いと言う。このため暇つぶしで練習場に通い、福井のレッスンも暇な時、大人のレッスンの合間にしてくれるもので、一度も練習を強制された事は無く、楽しんでゴルフを続けた。これが続けられた理由ではと述べる。初めて憧れたゴルファーは史上最強のアマチュアゴルファー・中部銀次郎。崇徳学園 崇徳高等学校時代には、全日本ジュニアチャンピオンになるなど「広島に倉本あり」と大いに名を馳せた。また小柄な体にパワーを付けるため、高校時代から筋力トレーニングを取り入れていた。ダンベルなど器具を使った筋トレは、アメリカへキャンプやトレーニングに行った一部の野球選手が、1960年代から少しづつ始めたものと言われている。一般的に広まったのは、1976年に創刊された「POPEYE(ポパイ)」の筋トレ特集や、チーム全体で導入したと言われる1970年代後半の広岡達朗 広岡東京ヤクルトスワローズ ヤクルト、1980年代初めの高校野球・徳島県立池田高等学校 池田高校の活躍辺りからである。1970年代中頃からシステマティックに練習に取り入れていたと言う倉本は、ゴルファーのみならず、最初に筋トレを導入したアスリートの一人と思われる。

倉本昌弘の出身高校

倉本昌弘出身高校
池田高校 偏差値 徳島県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
479位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1955年9月9日生まれ

倉本昌弘の関連人物

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング