倉又寿雄の出身高校

倉又寿雄 サッカー選手

倉又 寿雄(くらまた ひさお、1958年12月1日 - )は埼玉県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(右サイドバック)。武南高校及び日本体育大学卒業。

武南高等学校から日本体育大学体育学部体育学科に進学。サッカー部で主将を務め、1980年には関東大学リーグでの1部昇格に貢献。

1981年に日本鋼管(後にNKK)に入社。1年目から同社サッカー部のレギュラーに定着し、同年の日本サッカーリーグ2部及び天皇杯で優勝(天皇杯では初優勝)を果たす。1982年には日本代表にも選出された。1992年に現役を引退。

1993年からはNKKサッカー部のコーチに就任したが、同年で廃部となったため、当時水面下でJリーグ加盟を画策していた東京ガスサッカー部に招聘され、1994年からコーチとして出向した(NKKと東京ガスに業務上の密接な関連があったことから、NKKに籍を置いたまま出向することができた)。同年末には大熊清の監督就任に伴い、ヘッドコーチに昇格。その後プロ化したFC東京も含め、2001年末に大熊が退任するまでの7年間に渡って大熊・倉又のコンビは続いた。

2002年には原博実監督の下でヘッドコーチに留任し、チームの継続性確保に貢献。縁の下の力持ちとしてチームに欠かせない存在(長澤徹談)だった。2004年にはJFA 公認S級ライセンスを取得。

2006年、アレッシャンドレ・ガーロの監督就任に伴いトップチームを離れ、ユース年代の育成を担うべくFC東京U-18の監督に就いたが、同年8月のガーロ解任によってトップチームの監督に就任することになった。第18節より指揮し立て直しを図ったが、J1残留を確保するに留まった。シーズン終了後に監督を退任。

2007年からはFC東京U-18の監督に再任。前線からの強烈なプレッシングによるサッカーで同年のJユースカップ優勝を始めとして各大会で好成績を収め、トップチームに選手を輩出した。2010年にはFUJI XEROX SUPER CUP 2010 フレンドリーマッチ「U-18Jリーグ選抜 vs 日本高校サッカー選抜」のU-18Jリーグ選抜の監督に選出された。2011年限りで退任し、翌2012年からは育成部長を務めた。

2013年より鈴木政一監督の後を継ぎ、母校日本体育大学サッカー部(関東大学リーグ所属)の監督を務めた。攻守の切替えとハードワークを重視し、同年の東京都サッカートーナメントでは準優勝。

2015年、立教大学サッカー監督に就任。

その他の公式戦

倉又寿雄の出身高校

倉又寿雄出身高校
武南高校 偏差値 埼玉県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
303位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1958年12月1日生まれ

倉又寿雄の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング