佐藤ゆかりの出身高校

佐藤ゆかり 議員

佐藤 ゆかり(さとう ゆかり、1961年8月19日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(2期)。衆議院経済産業委員会理事、衆議院地方創生に関する特別委員会理事。

経済産業大臣政務官、参議院議員(1期)、自民党副幹事長などを歴任。

2005年8月24日、佐藤が細江茂光岐阜市長のもとに立候補の挨拶に訪れた際、市長から握手を拒否される。この模様が全国放送されたため、市長に苦情が殺到した。

2005年9月の総選挙後、公職選挙法違反である有権者宅への戸別訪問を行う映像が『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ)で報道され、これを市民団体に告発された(総務省の見解では複数の有権者宅へ戸別訪問した場合、公職選挙法違反の適用を受けるため)。同団体に別件で告発された杉村太蔵らと共に、週刊誌に“お騒がせ議員”として叩かれ、佐藤も自身のサイトに戸別訪問をしない旨の注意書きを書いた[リンク切れ]。

2005年11月6日、早稲田大学での与野党の討論会で「(子供を産む女性も)自助努力で頑張っていくことが大事」と発言したことが報道され、子育てや女性の立場を理解しているのかと、物議をかもした。

2005年11月7日、正式な役職ではないが、自民党幹事長補佐に任命された。

2006年12月、野田聖子が復党すると、『私が(選挙区・岐阜1区の)支部長』とテレビを通じ次期選挙での小選挙区公認候補を譲る意思のないことを強く主張した。国会閉会日の12月19日に議場で野田が佐藤に近づき握手を行った。この対立は、2008年2月、佐藤が東京5区に選挙区を転出するまで続いた。(→岐阜1区騒動に解説)

2006年12月、経済産業委員会の採決を無断欠席したことで、党国対委員会によって、同様に経産産業委員会を無断欠席した片山さつき議員と共に「所属常任委員会を変更」「国会開会中海外渡航を1年間禁止」「2007年3月まで国対委員会へ出席停止」という処分が下された。また、佐藤は11月10日の財務金融委員会(関税暫定措置法採決)も無断欠席しており、その委員からも外された。両議員とも決算行政監視委員会に変更されたが、後に復帰した。

2007年7月、議員在籍年数に比して議員秘書の辞職者が多いが、佐藤は「私の事務所よりも多数の秘書が辞めた議員もいる」とコメントした。

2007年9月8日、佐藤が代表を務める自民党岐阜県第1選挙区支部が、平成17年の政治資金収支報告書に自民党本部からの交付金300万円を記載せず、昨年9月に県選管に訂正を届け出ていたことが分かり、佐藤の事務所は「選挙運動費用収支報告書には記載しており、それで十分だと思っていた」とコメントした。

2008年2月、自民党本部(古賀誠選対委員長)は岐阜1区の公認問題を終結させるために候補者調整を行いする小杉隆元文部大臣の後任として、佐藤を衆院東京5区に“国替え”させた(→岐阜1区騒動に解説)。一部の報道に『里帰り』『5区で育った』等の表記があるが、佐藤は東京6区の世田谷区代沢に生家がある。

2008年4月、小池百合子、猪口邦子、佐藤ゆかりで政策提言ユニット「TPL」(Tokyo Projects of/by/for Ladies)を結成。同年9月、総裁選で小池百合子候補の推薦人となった。

2009年6月、総選挙を前に麻生内閣の支持率が低迷したため、佐藤は『マニフェストを通じた総裁選を事前に行って改革路線を堅持する党のリーダーを決めよう』と、両院議員総会の開催を呼びかける署名活動をし、“麻生おろし”に一役買った。 佐藤は同7月に夕刊フジやラジオ番組などで「麻生降ろしではない」と弁明するも、中川や武部が麻生批判を繰り返したこともあり、直後に行われた2009年東京都議会議員選挙に悪影響を与え、自民党は歴史的惨敗を喫した。この選挙結果に自民党都議団は『“麻生降ろし”議員は応援しない』と強く抗議。佐藤は都議団へ弁明し、再度、複数のマスコミのインタビューに『私は親麻生。反麻生ではない』と報道させ、マスコミが反麻生派だとレッテルを貼ったと責任転嫁した。

2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙には自民党公認のほか公明党の推薦を受けて東京5区から出馬したが、自民党への大逆風のため民主党の手塚仁雄に敗れ、比例復活ならず落選した[49][50]。

“小泉マドンナ刺客作戦”の正体見たり

佐藤ゆかり「不倫メール」500通「個人情報」を有権者に隠す本当の理由--(週刊文春2005年9月8号PR)

記事は佐藤の過去の男性関係が赤裸々に書かれ、メディアによって仮名となっているお相手探しが行われたりした。これに対し佐藤は、週刊文春の記事を「悪評の流布」(いわゆる“紙爆弾”)として対処。選挙中は報道を一切無視し、記者に質問されても沈黙を守った[51]。

しかし選挙後は一変し、週刊誌による不倫疑惑報道をネガティブ・キャンペーンとみなし“選挙妨害”と主張した[52][53]。選挙直後の討論会ではメディア規制に賛成する立場に立ったため、メディア規制反対の立場の櫻井よしこにたしなめられたりしたが[54]、2006年8月7日販売の婦人公論8月22日号[55][56][57]などで「不倫メール」報道を“謀略”との主張を展開した。また事務所を通じ、ウィキペディア日本語版にも抗議をした。佐藤のメディアへの反撃は“個人のブログへの規制”にまで言及している[58]。

なお週刊文春の「不倫メール500通」報道は他のいくつかのメディアでも取り上げられた[59][60][61][62][63][64]。

[カメラは見た!]懲りない「佐藤ゆかり」 今度は〈48歳〉議員と「不倫デート」 元祖「不倫メールの女」と「花街育ちの代議士」(週刊新潮2006年6月22日号PR)

同僚の江崎洋一郎衆院議員と神楽坂のフレンチレストランで会食していた模様を週刊新潮にスクープされ、“不倫デート”と報じられた。 記事中の江崎のボディータッチについて、佐藤は「散発的な不規則行為」「不倫ではなくセクハラ」とし、乃木坂のフランス料理店の支払い明細のコピーを示したりして、不倫疑惑を全面否定。テレビ[65]や自身のHP[66]で反論した[67]。江崎も事実を認め謝罪した[68][69]。 また佐藤は会食の場所などの情報が週刊誌に漏れたのは事務所にスパイがいると考え、全ての関係者に守秘義務の誓約書を書かせたり、または秘書を入れ替えたりしたとされる[70][71][72]。

週刊誌やタブロイドからのバッシング報道は不倫疑惑だけに留まらず、公職選挙法違反の告発、出資詐欺への関与[73]、秘書の金銭トラブル[74][75][76][77]、政治資金収支報告書の未記載、または委員会採決欠席[78]、議場での居眠り[79][80]、審議中の写真撮影[81]、さらには相次ぐ“ドタキャン”[82][83][84]、車の事故[85]、出身地偽装[86]、果ては“化粧の濃さ”[87][88]、または“男性への媚び”[89]、“目力”(めぢから)[90][91]など多岐に渡った。

このため佐藤は“メディア嫌い”[92]であり、メディア(特に週刊新潮)に対して抗議を続けたり[66][93][94][95][96][97][98][56]、議員宿舎の玄関で佐藤を取材しようと待っていた写真週刊誌記者を威嚇したり[99]、岐阜での会合ではテレビカメラの前を通過する際にレンズを手で押さえつけた[100]こともある。

2005年8月、郵政解散を受けた第44回総選挙で、郵政関連法案に反対した野田聖子元郵政大臣への「刺客」として岐阜1区に女性エコノミスト佐藤ゆかりが自民党より公認される。[101]。 選挙戦の序盤から候補者の一挙手一投足が過熱に報道され、また佐藤の過去の不倫疑惑が週刊誌から報道されるというネガティブ・キャンペーンが行われたこともあり、全国に注目された[102][103]。自民党岐阜県連及び岐阜市の自民党市議らは野田・佐藤の二派に分裂・対立し、激しい争いを繰り広げた。

総選挙の結果、野田は選挙区で5選を果たし、佐藤も比例で復活当選した。

総選挙後、自民党執行部(武部勤幹事長)などが求めた離党勧告に従い野田ら“郵政造反組”は自民党を離党。更に野田を支持・支援した岐阜県連の幹部(県議)らも離党勧告に従い離党した。[104] その後、佐藤は野田支持派の多い自民岐阜市連の役員になろうとしたり[105][106]、岐阜市政に影響力を発揮しようとしたことで、野田派との感情的な対立がエスカレート、[107]、岐阜市内で与謝野馨担当大臣(当時)などが“融和”を、河野太郎などが“非融和”を訴えるなど中央政界を巻き込んだ政治的な対立となった[108]。ただし、佐藤の岐阜市内の支持派は野田聖子の支持派に比べ(市議会議員の人数でも、支援者の人数でも)少数派で、選挙区奪取には劣勢であった。

自民党執行部が安倍体制に代わると、保守層の再結集のために2006年12月4日に野田聖子を始めとする保守系無所属議員が自民党に復党した。

それに先立ち佐藤は野田らの復党反対の署名を集めるが、その署名を自民党本部に提出する際、国会の委員会採決を無断で休んだことにより、野田聖子の復党と同じ日(2006年12月4日)に党から処分を受けた[78]。

野田の復党後も佐藤は党内融和を行わず[109]、12月11日に「岐阜1区の支部長は私」、「100%従わないと握手しない」等の発言を記者会見で行い、また野田聖子が党員による予備選挙での公認候補決定をと同月10日に提案したがこれも拒否し、一歩も引かなかった[110][111]。自民党岐阜県連会長の金子一義衆院議員は、佐藤の「野田議員が100%協力してくれれば握手をする」との発言に『それは僭越。『100%私の言うことを聞け』なんて政治家の発言ではない」と批判した[112]。

2007年4月、統一地方選(岐阜県議選、岐阜市議選)が行われたが、自民党の中で佐藤派と野田派に分裂した選挙戦となった[113][114]。また野田派県議へのこの県議選での公認を佐藤は「反党行為があった」として拒否し、公認を数ヶ月遅らせるなど確執が表面化した[115][116]。

2007年7月、佐藤事務所がインターネット掲示板に野田聖子の悪口を書いたと元秘書により週刊誌に告発された[117]。

佐藤ゆかりの出身高校

佐藤ゆかり出身高校
女子学院高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
議員ランキング
310位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1961年8月19日生まれ

佐藤ゆかりの関連人物

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

佐藤ゆかりの評判・つぶやき

  • グラビア画像の杜 4年前

    【MILKY 佐藤由加理】 20歳を超えて大人っぽさがググッとアップしたゆかりんが、しなやかなカラダ、キュートなヒップをちっちゃ... #佐藤由加理 "
  • リプライがとまらない源 頼朝 4年前

    大河でもおなじみの佐藤義清こと西行。彼は奥州へ二度も足を運んでいる。一度目は二十代後半のとき、憧れの能因法師にゆかりのある歌枕の地を訪れたいという願望から。あの「道のべに清水流るる柳かげしばしとてこそ立ちとまりつれ」という有名な和歌はその道中にできたものらしい。"
  • 安保閻魔帳 4年前

    《私は安保法制に賛成した衆議院議員です》佐藤 ゆかり (さとう ゆかり,大阪11,自民) 北川 知克 (きたがわ ともかつ,大阪12,自民) "
  • ゆぅ 4年前

    竹達彩奈花澤香菜日笠陽子佐藤聡美日高里菜豊崎愛生戸松遥小倉唯佐藤利奈中村悠一梶裕貴下野鉱石原夏織田村ゆかり新井里美伊藤かなえ阿部敦茅野愛衣#好きな声優さんいたらRT#RTした人全員フォローする"
  • ロロドン 4年前

    生写真和田愛奈ヨリ(だれ)菅原茉梛ヨリ(だれ)山下ゆかりヨリ(K2)山田樹奈ヨリ(Sいつのまに)片岡成美ヒキ(だれ)梅本まどかヒキ(E)高塚夏生ヒキ(K2)大矢真那ヒキ(S)川崎成美 中(どなた)佐藤すみれ 中(E)"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 26

議員一覧

議員偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング