佃明忠の出身高校

佃明忠

佃明忠 プロ野球選手

佃 明忠 (つくだ あきただ 1935年5月19日 - )は、元プロ野球選手。ポジションは捕手。

早稲田実業では1年生の時、一塁手として1951年夏の甲子園に出場。1回戦で都島工に敗退。チームメートに田中淳二(高橋)がいた。3年生となった1953年春の選抜にも捕手として出場。1回戦で土佐高に完封負けを喫する。この時のチームメートには田中の他、斎藤精宏(西鉄)、榎本喜八がいた。

1954年に毎日オリオンズへ入団。1955年にはイースタン・リーグで首位打者を獲得している。1956年には主力捕手として沼沢康一郎と併用されるが、翌年には高校の後輩である醍醐猛夫が入団、その控えとなる。1958年に近鉄パールスに移籍、同年はレギュラー捕手として活躍するが、翌年は加藤昌利に定位置を譲り、同年限りで引退。

佃明忠の出身高校

佃明忠出身高校
早稲田実業学校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
70位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性

佃明忠の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング