会田豊彦の出身高校

会田豊彦 プロ野球選手

会田 豊彦(あいだ とよひこ、1937年4月1日 - 2012年3月23日)は、山形県出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。

山形南高校出身で甲子園出場はなく、日本大学へ進学。東都大学野球リーグでは在学中3度優勝。1年生時の1956年秋季リーグでは、打率.351で首位打者を獲得し優勝に貢献。リーグ通算91試合出場、321打数86安打、打率.268、0本塁打、46打点。ベストナイン(三塁手)2回。大学同期に高木時夫捕手、黒木基康、笹木士朗(日本鋼管)両外野手らがいた。

1960年に中日ドラゴンズに入団。一年目から一軍に定着し、主として控え三塁手として起用される。1962年に外野手に転向。1963年には開幕戦から二番打者として先発出場。64試合に出場するが、打撃面で伸び悩み1964年に引退した。

引退後は、東京新聞の記者となった。

2012年3月23日、肺炎のため千葉県千葉市中央区の病院で死去。74歳没。

会田豊彦の出身高校

会田豊彦出身高校
山形南高校 偏差値 山形県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
415位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1937年4月1日生まれ

会田豊彦の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング