伊藤泰憲の出身高校

伊藤泰憲

伊藤泰憲 プロ野球選手

三重高校では、1年生の時から1968年夏、1969年春夏の甲子園に控え外野手として出場。3年生となった翌1970年の春の甲子園には左翼手として出場し、大会第1号本塁打を放つ。この大会では準々決勝に進出するが、この大会に優勝した箕島高のエース島本講平に抑えられ敗退。高校同期に宮本四郎、1年下に水谷新太郎がいる。

同年のドラフト5位で中日入団。1972年にはジュニアオールスターに出場、本塁打を放つ。1974年にウエスタン・リーグで本塁打王と打点王の2冠を獲得、長距離打者として期待されたが二軍暮らしが長かった。しかし徐々に力をつけ1976年には73試合に出場、右の代打の切り札として起用される。1978年には一塁手、外野手として41試合に先発出場を果たす。その後も準レギュラーとして活躍し、1980年には三塁手としても先発で起用されるが打撃面で低迷。同年オフに自由契約となり南海に移籍。1981年現役引退。

現在は名古屋市昭和区御器所で伊藤スポーツ店を営む。また少年野球チーム「東名古屋スターズ」監督も務める。

伊藤泰憲の出身高校

伊藤泰憲出身高校
三重高校 偏差値 三重県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
671位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1952年9月25日生まれ

伊藤泰憲の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


伊藤泰憲の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング