伊藤哲也の出身高校

伊藤哲也 サッカー選手

伊藤哲也出身高校
八千代松陰高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
221位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1970年10月1日生まれ

伊藤 哲也(いとう てつや、1970年10月1日 - )は、千葉県千葉市出身(北海道札幌市生まれ)のサッカー指導、元サッカー選手 。現役時代のポジションはディフェンダー(DF)。

小学校4年生の時にサッカーを始め八千代松陰中学校・高等学校から法政大学を経て、1993年にNKKサッカー部に加入。しかし、この年限りで廃部となったため、1994年より横浜マリノスに移籍。井原正巳、小村徳男、鈴木正治らDFにタレントを揃える横浜Mでは出場機会に恵まれなかった。

1997年、サンフレッチェ広島に期限付き移籍(翌年完全移籍)。上村健一、トニー・ポポヴィッチらと堅守を築き、冷静な判断力を武器とする頭脳派DFとして活躍した。

2001年、NKK在籍時に指導を受けた倉又寿雄がヘッドコーチを務めるFC東京へ移籍。CB、SBで堅実なプレーを見せ、守備陣を統率する リーダーシップを発揮した。2002年には、的確なカバーリングと駆け引きで新加入のDFジャーンをサポートしていたが、シーズン終盤にかけてコンディションを崩し茂庭照幸の台頭を許した。2003年は足首の負傷もあって 出場機会を得られなかったが、伊藤の努力を絶やさない姿勢はチームの財産となった。

2004年、大分トリニータに移籍するも、負傷が重なりリハビリや別メニュー調整が続いた ことから同年限りでの現役引退を表明。

2005年7月、広島在籍時のチームメートである森山泰行らから請われ、FC岐阜でアマチュアとして現役復帰。岐阜市内の企業、ヒマラヤに勤務していた。日本フットボールリーグ及びJ2昇格に貢献し、2007年をもって現役引退。2008年にはコーチ専任となり、2009年からはアマチュアチームのFC岐阜SECOND監督を務めた。2012年には岐阜SECOND設立時からの目標である地元開催の国体に臨んだが、京都府代表の佐川印刷SCに敗れ、ベスト8に終わった(京都が優勝)。同年限りで監督を退任。

後に地元千葉でサッカースクールのコーチを務めている。

伊藤哲也の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

サッカー選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング