伊東絹子の出身高校

伊東絹子

伊東絹子 モデル

伊東 絹子(いとう きぬこ、1932年6月29日 - )は、日本のファッションモデル、女優である。1953年(昭和28年)の『ミス・ユニバース・ジャパン』であり、同年アメリカ合衆国カリフォルニア州のロングビーチで開催された世界大会 『ミス・ユニバース』(第2回)に日本代表として出場、第3位に入賞した。

『ミス・ユニバース』世界大会への日本代表としての出場は、前年(第1回大会)の小島日女子に続いて二人目であり、伊東は初めての入賞者となった。伊東は日本におけるファッションモデルの先がけのひとりとも言われ、ミス・ユニバースに入賞した昭和28年には、伊東の体形に因んだ『八頭身美人』が流行語となった。

1932年(昭和7年)、東京・芝に生まれる。東京都立鷺宮高等学校卒業。

はじめは高校卒業後の昭和26年(1951年)、英字新聞 『英文毎日』(毎日新聞社)が開催したファッションコンテストに応募、東京から20名、大阪から15名の合格者のひとりとなってショーに出演した。

1952年(昭和27年)、第2代目の 『ミス・ユニバース・ジャパン』に選ばれ、同年7月にアメリカ合衆国カリフォルニア州のロングビーチで行われた第2回 ミス・ユニバース世界大会に、日本代表として出場した。当時19歳になったばかりだった伊東は、ここで3位に入賞した。伊東は頭が身長の8分の1という、いわゆる「八頭身」がもてはやされ、大東亜戦争(太平洋戦争)での敗戦から8年にして日本女性の体形が国際水準に近づいた、と話題になった。

翌1953年(昭和28年)、伊東は同じく女性モデルであった岩間敬子、香山佳子らとともに、相島政子を代表とする団体『ファッション・モデル・グループ(FMG)』を結成した。また、女優として、1954年に公開されたアメリカ映画 『ヤンキー・パシャ(Yankee Pasha)』や、1955年(昭和30年)に放送されたテレビドラマ 『力道山の夢』(日本テレビ)などにも出演した。

伊東は1957年(昭和32年)にフランスに渡り、1968年(昭和43年)には在フランス日本国大使館員と結婚した。結婚後には一児をもうけ、芸能活動は行わずに外交官婦人として過ごした。

伊東絹子の出身高校

伊東絹子出身高校
鷺宮高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
モデルランキング
51位 / 76人中 モデル別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1932年6月29日生まれ

伊東絹子の関連人物

モデル偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


モデル一覧

モデル偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング